ここからは,開発したアプリケーションをAmazon EC2上に展開するまでの手順を追っていこう。アカウントの取得からアプリケーションのインストールまではEC2の流儀に沿って作業を進める必要がある(図3)。

図3●Amazon EC2によるシステム構築の典型的なフローチャート
図3●Amazon EC2によるシステム構築の典型的なフローチャート
オンラインで利用を申し込むだけで即座に利用できる。あらかじめEC2に登録されている仮想マシン・イメージ(AMI:Amazon Machine Image)を使う場合と,独自AMIを使う場合で手順が異なる。

 導入は大きく3ステップ。(1)アカウントの取得と管理ツール群の整備,(2)Linux仮想マシンの生成元となるAMI(仮想マシン・イメージ)の作成,(3)AMIのバックアップである。

 このうち(3)のステップは,EC2の仕様に基づく制約を回避する作業である。このバックアップを忘れたまま作業を進めると,思いがけないデータ消失を招くので注意が必要だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら