Smalltalk(スモールトーク)はいまだに支持者の多いオブジェクト指向言語の一つ。本書はSmalltalkを使ったオブジェクト指向プログラミングの解説書である。著者の一人の青木氏は著名なSmalltalkerで“思想家”としても知られる。同氏自らオブジェクト指向の本質を解き明かす。

 560ページ超の厚さに圧倒されるが,試しに「はじめに」をご覧いただきたい。オブジェクト指向とは何かをコンパクトに,かつ深く広い視点で語っている。Smalltalkの処理系を収録したCD-ROM付き。

Smalltalkで学ぶオブジェクト指向プログラミングの本質

Smalltalkで学ぶオブジェクト指向プログラミングの本質
青木 淳/浅岡 浩子/澤本 依里著
日経BP社発行
4410円(税込)

出典:日経コンピュータ 2008年9月1日号 p.177
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。