“相互接続”で追い風,MVNOのモバイル・データ通信

MVNO(仮想移動体通信事業者)の参入がいよいよ本格化する。契機となるのは,日本通信とNTTドコモの「相互接続」。日本通信に続くMVNOが続々と登場,海外メーカーを中心に多種多様な新端末が上陸し, MVNO各社が独自色を打ち出した多彩なサービスを提供する──市場拡大のシナリオが見えてきた。

新サービス・新端末が一気に拡大 
料金設定や端末調達で主導権 
レイヤー2接続で自由度がさらに向上 
参入余地が狭まる音声中心のMVNO 

出典:日経コミュニケーション 2008年8月15日号 pp.30-38
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。