前回は,ファイルを開いて編集し,保存して閉じる(viを終了する)という一連の操作の流れを解説しました。解説したといっても,viを起動してからファイルを開く方法や別名で保存する方法など,Windowsのメモ帳が備える機能の説明をしていません。“viでメモ帳と同等のことができる”という本連載の目標からすると,説明すべき機能です。

 しかし,多少の不便を甘受すれば,これらのやり方を知らなくてもなんとかなってしまいます。それよりも,viにはもっと知っておかなければならないことがいくつもあります。まずはそれらを説明していきましょう。

 今回解説するのは「コピー・アンド・ペースト」(テキストの張り付け)です。前回,マウスが使えるなら範囲を選択してコピーし,挿入モードでペーストできると説明しました。この機能は,viが備えるものではないため,動作環境によってはコピー・コマンド・ペーストできないことがあります。また,コピーではなくカット(切り取り)しようと思ったら,コピーした後に[Delete]キーや[BackSpace]キーをひたすら押し続けて元のテキストを消さなければなりません。さすがに,これを不便に思わない方はあまりいないでしょう。

行単位のコピー,カット,ペースト

 行単位でコピー(またはカット)するには,まずコピー(またはカット)したい行にカーソルを移動します。行中の位置はどこでも構いません。移動させたら,通常モードで表1に示したキーを押します。

表1●行のコピー,カット,ペースト
操作内容 入力
行のコピー [y]キーを2回押す
行のカット [d]キーを2回押す
ペースト [p]キーを押す

 コピーの場合は[y]キーを2回押しても,特に何もメッセージが表示されないので見た目の変化はありません。しかし,しっかりと選択した個所のコピーはできています。

 コピー(またはカット)したら,張り付けたい行の前の行にカーソルを移動します。移動したら[p]キーを押します。すると,カーソルの下の行にコピー(またはカット)した行がペーストされます。なお,カーソルはペーストしたい前の行にあれば,行頭,行中,行末のどの位置でも構いません。

複数行に対する操作

 1行だけのコピー(またはカット)する方法を紹介しましたが,複数行まとめてのコピー(またはカット)も可能です。この場合,コピー(またはカット)する前に,コピー(またはカット)したい行数を指定します。

 例えば,3行コピーしたいのなら「3」を入力してから[y]キーを2回,10行カットしたいのなら「10」を入力してから[d]キーを2回押します。コピー(またはカット)した行をペーストするやり方は,1行のコピーまたはカットとまったく同じで,[p]キーを押すだけです。

 コマンドの前に数字を指定できるのはコピー(またはカット)のときだけではありません。通常モードで使用できるコマンドの多くは,その前に数字を指定できます。例えば,[p]キーを押す前に数字を指定すると,どうなるかはあえて書きませんが,なんとなく予想はつくでしょう。

 この繰り返し回数の指定が,viを便利なエディタとして使うための大きな要因です。頭の片隅に留めておいてください。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら