中山 耕司(なかやま こうじ)
株式会社DTS ネットワーク事業本部所属。JavaとRubyを中心にWebサービス開発やプロジェクトへの技術支援を行っている。
木村 真幸(きむら まさゆき)
株式会社DTS ネットワーク事業本部 プロジェクトマネージャ。Javaを中心にフレームワーク開発や開発プロセス定義など幅広く活躍中。TERASOLUNAフレームワーク,StrutsIDEコミッタ。著書「まるごとEclipse! Vol.1」(発行:インプレスコミュニケーションズ)。

 待望のEclipse 3.4(以下,「Ganymede」)が2008年6月26日にリリースされました。年に一度のリリースだけあり,Microsoft Windows Vistaや64bit機への対応などプラットフォームの拡大や,C/C++,RubyといったJava以外への拡充が行われています。

 本稿では,Ganymedeのインストールについて説明した後,アプリケーション開発の効率を向上させる新機能

  • アプリケーション開発で役立つ細かなうれしい新機能
  • SQLをAccessライクに作成できるSQLクエリー・ビルダー
  • Ajax開発時に役立つJavaScript用開発環境

の3つに焦点をあてて解説します。

Ganymedeのインストール&日本語化

 GanymedeはJava EE向け,Java向け,C/C++向けのように用途別に提供されています。これは前バージョン「Europa(Eclipse 3.3)」と同じです(本連載第5回を参照)。ただし,ダウンロードページを見ると,パッケージが増えていることがわかります。追加されたパッケージは,図1の四角で囲っている部分です。

図1●Eclipse3.4のダウンロード画面
[画像のクリックで拡大表示]

 各パッケージに含まれるプラグインを表1にまとめました。新たに追加されたEclipse Modeling Toolsは,EMF(Eclipse Modeling Framework)モデルに対応した多機能なグラフィカル・エディターを備えるツールです。Eclipse IDE for Java and Report Developersは,PDFやHTML形式によるレポートを出力するアプリケーションの開発を支援します。

表1●パッケージごとに含まれているプラグイン一覧(青い部分は新たに追加されたパッケージ)
  Java JEE C/C++ RCP/Plugin Modeling Reporting Classic
RCP/Platform
CVS
EMF
GEF
JDT
Mylyn
UDC
Web Tools
JEE Tools
XML Tools
RSE
PDE
Datatools
CDT
BIRT
ECF
GMF
MDT
◎:インストール済み(ソースコードあり)
○:インストール済み(ソースコードなし)
△:一部インストール済み

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら