ネットワークを診断する機能は,実はXPにも存在した。XP SP2向けに「Windows XP用ネットワーク診断ツール」というものが提供されている。もし,WebブラウザとしてIE7を使っていればWebアクセスに失敗したエラー画面で,Vistaと同様に「接続の問題を診断」というリンクが表示される。これをクリックすると,XPでもネットワーク診断ツールが起動する

XPではIPの停止が検出できない

 XPのネットワーク診断ツールではVistaほど正確に診断できない。LANケーブルが外れたトラブルに関しては,「コンピュータとルーターの間に問題がある」と指摘され正確に判断できる(図3の1)。もちろん,指示のようにLANケーブルを接続すれば,正常に動作していることが確認され問題は解決する。

図3●XPのネットワーク診断ツールではLANケーブルの抜けは正しく判別できたもののTCP/IPの停止は別の問題と判別した
[画像のクリックで拡大表示]

 だが,「インターネットプロトコル(TCP/IP)」のコンポーネントを無効にしてみた場合は,「ルーターやモデムに問題がある」という的外れな報告をされてしまう(同2)。指示にあるように,モデムやルーターの電源をオン/オフしてみても,もちろん問題は解決しない。

 このように,VistaのNDFの方が明らかに優れているのはなぜだろう。

 XPの「ネットワーク診断ツール」は,コマンド・ライン・ツールである「netsh」を使って,トラブルの原因を診断している。netshコマンドは,Windowsシステムのネットワークの機能を操作するためのツールである。特定のポート番号を使ってTCP接続を試みたり,指定されたホストに対してpingを実行したりして,通信の途中で何が発生しているのかを調べる。

 XPのネットワーク診断ツールは,あらかじめ用意したシナリオに沿って,このnetshコマンドを次々と実行し,その結果から原因を推測しているのだ。逆にいえば,このコマンドでわかる範囲のことしか判断はできない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら