一口にWindowsのトラブルといっても,その内容はさまざま。中でも厄介なのは,ネットワーク関連のトラブルだ。今のネットワークは,TCP/IPに代表されるように何層ものプロトコルが組み合わさって動作している。そのため,画面に表示されたエラー・メッセージを見ても,いったいどこで問題が発生しているのかをなかなか特定できない。

 Windows Vistaでは,この難題が解決されるかもしれない。その鍵となるのが「ネットワーク診断フレームワーク」(network diagnostic framework(ネットワーク・ダイアグノスティック・フレームワーク):NDF)と呼ばれる機能だ。最終回の今回は,Vistaでトラブルを解決する秘策と期待されているNDFについて解説していこう。

ネットワークの問題を診断し解決策を提示する

 NDFは,トラブルの原因を自動的に調べてくれる機能である(図1)。まずは,NDFを実際に使ってみよう。

図1●Vistaのネットワーク診断フレームワーク(NDF)はトラブルの原因を調べて解決策まで教えてくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に少々乱暴だがパソコンのLANケーブルを抜いてみる。この状態でInternet Explorer 7(インターネット・エクスプローラ/IE7)を起動すると,当然インターネットへは接続できずに,「このページは表示できません」とエラー画面が表示される(図2)。この画面の中にある「接続の問題を診断」というリンクをクリックすればNDFが起動する。

図2●ネットワーク診断フレームワークはトラブルの原因に応じて異なる解決策を表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 NDFを起動すると,しばらくパソコンを調査してから「ケーブルが差し込まれていません」というメッセージを表示する(図2の1)。このメッセージには「ケーブルを差し込んでください」という解決策も一緒に表示されている。指示どおりにケーブルを挿せばトラブルは解決する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら