2008年9月1日,Googleは新しいWebブラウザ「Google Chrome」(以下Chromeと略)のベータ版を発表しました。Chromeはオープンソース・ソフトウエアです。ダウンロード・ページから無償でダウンロードして使用できます。

 Chromeの登場でブラウザ市場は,Microsoft Internet Explorer(IE),Mozilla Firefox(FX),Opera,Apple SafariにGoogle Chromeが並び立つという,まさに戦国時代に突入しました。Chromeは当面,OperaやSafariと“第3のブラウザ”の地位を争うことになりそうです。

 Chromeは名称に「ベータ(BETA)」が付いていますが,Google MapですらまだBETAを称している状態ですから,Chromeの完成度について,いわゆる開発者の間で言われる”ベータ版(試用を目的とした開発途上バージョン)”と同列に捉えるべきではないかもしれません。なお,本稿執筆時(2008年9月3日)の正確な内部バージョンは0.2.149.29です。

外見はシンプルなタブ・ブラウザ

 Chromeのインストールは簡単です。ダウンロードページにある「Google Chromeをダウンロード」という画像ボタンをクリックすれば,あとは画面指示に従っていくだけです(図1)。

図1●Chromeのダウンロードページ
図1●Chromeのダウンロードページ

 IEやFirefoxからダウンロードとセットアップを行うと,ダウンロードに使ったブラウザからブックマークがインポートされます。Firefoxの場合にはブックマーク・ツールバーの内容も引き継がれるようになっています。インストール後に強引に「普段使用するブラウザ」の設定を自分に変えようとすることもありません。お行儀が良いブラウザだと言えます。

 外見はシンプルなタブ式ブラウザです(図2)。タブ式はすでにブラウザの標準スタイルになっているようです。

図2●Chromeの外観。「iGoogle」(パーソナライズしたGoogleスタートページ)を表示したところ。上部に見える「画像」「地図」「Gmail」などのリンクはiGoogleのページ内にあるリンク
図2●Chromeの外観。「iGoogle」(パーソナライズしたGoogleスタートページ)を表示したところ。上部に見える「画像」「地図」「Gmail」などのリンクはiGoogleのページ内にあるリンク

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら