「UMPC」や「MID」はノート・パソコンとも携帯電話/スマートフォンとも位置付けが違う新しいタイプの端末である(図1)。とりわけ開発に積極的なのが台湾メーカーだ。2008年6月に台湾で開催されたハイテク展示会「COMPUTEX TAIPEI 2008」では,台湾のアスーステック・コンピュータ(ASUS),台湾エイサー,台湾ギガバイト,台湾MSIなどがUMPC/MID製品を出展。来場者の目を釘付けにした。

図1●携帯電話の携帯性とノート・パソコンの汎用性を併せ持つUMPCとMID
しかも大半の製品は数万円という格安価格で販売される。
[画像のクリックで拡大表示]

 端末の外観は,UMPCが折りたたみ型のモバイル・ノート・パソコンに,MIDはスマートフォンに近い。どちらも,高速モバイル・データ通信と,それを介して利用する様々な“ネット・サービス”の存在を前提としている。パソコンに匹敵する処理能力,パソコンと同じアプリケーションを利用できるプラットフォーム,そして無線LANやHSDPA(high speed downlink packet access)といった通信機能を装備。「Gmail」をはじめとするメール・サービスや「YouTube」のような動画共有サイト,「Googleマップ」などの地図情報サービスを“いつでも,どこでも”使いこなせる(図2)。

図2●多くのUMPC/MIDは動画共有や地図情報,SNSなど,各種ネット・サービスの利用を前提としている
[画像のクリックで拡大表示]

 しかも大半の製品は,価格が数万~10万円程度で既存のモバイル・ノート・パソコンよりも安い。こうした点が,まだパソコンに最適化されたネット・サービスを快適に使えるとは言えない携帯電話やスマートフォン,携帯性が十分ではないノート・パソコンと一線を画すところだ。

開発ラッシュのきっかけはEee PCとAtom

 新型モバイル端末の口火を切ったのはASUSのUMPC「Eee PC」シリーズ(写真1)。Eee PCは2007年10月の発売以来,全世界でヒット商品になっている。2008年度はシリーズ合計で300万台の販売を目指し,「現在,目標の数字を順調に達成している」(ASUS)という。これを追って,他の台湾メーカーも対抗製品を次々に発表した。エイサーの「Aspire one」(写真2)やMSIの「Wind NoteBook U100」(写真3)がそれだ。

写真1●アスーステック・コンピュータの「Eee PC 901」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●エイサーの「Aspire one」
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●MSIの「Wind NoteBook U100」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら