最後に,記録メディアを加熱することで,データを破壊できるかどうか,二つのパターンで検証した(図5)。200℃に予熱したオーブンレンジの中で,3種類の記録メディアを30秒間(実験M),もしくは4分20秒間(実験N),加熱した。後者の時間が中途半端なのは,その時点で記録メディア(テープ・カートリッジ)から煙が発生したため,加熱を中止したことによる。

図5●記録メディアを加熱する実験の条件
[画像のクリックで拡大表示]

 オーブンレンジで加熱すると,記録メディアは素手では持てないほど熱くなる。そこで,オーブンから取り出した後,部屋の中に放置した。約半日かけて熱を冷ました後に,復旧作業に着手した。

 結果は,記録メディアの種類によって異なった。テープ・カートリッジとCD-Rに対しては,データ破壊に加熱が有効だった。(N)ではデータを全く復旧できず,データ破壊に100%成功した。ところが,USBメモリーでは加熱がデータ破壊につながらなかった。特別な復旧作業をするまでもなく,すべてのデータを読み出せたのである。以下,(M)(N)の検証結果を詳しく見ていく(表3)。

表3●加熱によりデータを破壊できたファイル容量の割合および復旧作業
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら