「21世紀の発電所」に並ぶのは、タービンではなく大量のサーバーだ。数十万台のコンピュータが集積する巨大データセンターは、インターネットという「送電線」を通じてあらゆる機器に処理能力を配分する。ビル・ゲイツ氏がITの主役に押し上げたパソコンは選択肢の一つにすぎなくなる。

 1999年創業の新興サーバーメーカー、米ラッカブル・システムズ。5月下旬、米サンフランシスコから車で1時間ほど走って同社を訪問すると、出荷作業の真っ最中だった。

 大型トレーラーの荷台に長さ12m、幅2.4m、高さ3mほどのコンテナが積まれる。ここまではごく普通の風景。

 だがコンテナの扉を開けてもサーバーを収めた段ボール箱は見あたらない。代わりに記者の目には、壁面に沿って整然と並ぶコンピュータラックが飛び込んできた(図11)。

図11●米ラッカブル・システムズはクラウドコンピューティングに注力して急成長している
図11●米ラッカブル・システムズはクラウドコンピューティングに注力して急成長している

 そう。このコンテナは運搬用ではなく、サーバーのきょう体の一部。ラッカブルは工場出荷時にサーバーをコンテナ内に据え付け、そのまま顧客のデータセンターに搬入するのである。

 コンテナ1台当たり何と1400台のサーバーを搭載可能だ。CPUコア数に換算すると1万1200になる。ストレージの総容量も7Pバイト(7168Tバイト)に上る。このコンテナを一度に2~3台、顧客に納入する。

 裏を返せば、これだけのコンピューティングパワーを必要とする大規模データセンターが米国では次々と建設されていることになる。マイクロソフトがシカゴに建設中のデータセンターには、ラッカブルのコンテナが200基並ぶ計画である。

 ラックマウントかブレードかという議論をはるかに超越した「コンテナ型コンピュータ」――。これが「ゲイツ後」の世界のコンピュータ像だ。

コンピュータが集約されていく

 「すべての家庭と机にコンピュータを」。ビル・ゲイツ氏は一握りの専門家のものでしかなかったコンピュータを、文字通り「パーソナル」な存在に変えた。メインフレームに処理能力が集中するホスト時代に終止符を打ち、無数のパソコンとサーバーが処理を分担するクライアント/サーバー型の処理形態を確立した。

 しかし今、世界のコンピュータは再び専門家の手に集まりつつある。巨大データセンターに無数のコンピュータを集約。利用者にはインターネット経由で処理結果を配分する形態が主流になろうとしている(図12)。

図12●クラウドコンピューティングの概念
図12●クラウドコンピューティングの概念
巨大データセンターに集約されたコンピュータ資源をサービスとして利用する

 コンピュータ資源を利用する機器も様変わりする。アクセスする端末機器に必要なのはWebブラウザ。OSや機器の種類は問わない。コンピュータ資源は仮想化され、物理的な構成や設置場所、種類を問わず利用できるようになる。そのときゲイツ時代に主役だったパソコンは、数多くある端末の一つにすぎない。

 クラウドコンピューティングと呼ばれるこの現象。巨大なデータセンターが主戦場となる。

 グーグルが36カ所、マイクロソフトは20カ所超。クラウドの有力プレーヤーは巨大データセンターの建設にしのぎを削る。

 コンピュータメーカーもデータセンター建設を急ぐ。米ヒューレット・パッカードは85カ所あった既存センターを米国内の3地域6カ所に集約。社内システムを運用すると同時に顧客向けクラウドサービスの拠点としても活用する。

 ソフト大手のオラクルも米テキサス州オースティンに巨大データセンターを構える。2万5000平方メートルの敷地に2万台超のサーバーを設置。29カ国330社にオンラインサービスを提供する(写真1)。

写真1●米オラクルはオースティンにあるデータセンターから、全世界330社にオンラインサービスを提供する
写真1●米オラクルはオースティンにあるデータセンターから、全世界330社にオンラインサービスを提供する
写真提供:日本オラクル

 データセンターに並ぶ1台1台のサーバーは安価なもの。プロセサもメモリーもマザーボードも大量調達できる汎用品を使う。安価なサーバーを数千台単位でデータセンターに並べ、仮想化技術でサーバーを論理的に統合、並列・分散処理を実行する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら