ビジネスデータ分析で肝要なのは、分析結果を組織で共有し、次のビジネス活動に生かすことである。そのために、分析結果であるExcelデータを、Power-Pointに貼り付け資料を作成したり、Webで公開するスキルが求められる。

 流通業のA社は、「ピボットテーブル会議」と呼ぶ営業会議を定期的に開いている。この会議のために用意するものは、Excelと各種データを搭載したノートPC、プロジェクタのみ。会議につきものの紙の資料は使わない。

 会議の参加者は皆、プロジェクタで投影される画面にくぎ付けになる。画面には、数十万件の生データをExcelのピボットテーブルを使い、その場で分析した結果が表やグラフとなって表示される。営業部長が「先月の売り上げ実績が良かった要因は何かね」と若手の営業担当者に問いかければ、若手は「このグラフを見れば一目瞭然です」と答え、ピボットテーブルを操作し、次々とデータを加工して分析内容を説明していく。

 このように、ビジネスデータ分析の結果を同僚や上司、顧客先に的確に伝え、共有することが肝要である。そうすることによって、分析結果の価値を倍増できるからだ。

情報活用に必要な3つの力

 一般に、ビジネス活動で情報を上手に活用するには、3つの能力が必要と言われている。1つは「パソコン力」。PCやアプケーションを使いこなす能力である。2つ目は「ビジネス力」。ビジネス全般と業務に関する知識やスキルである。3番目が情報を活用した結果を他人に伝える「コミュニケーション力」である。

 筆者の経験上、これら3つの能力の重要度の割合は、パソコン力が20%、ビジネス力が50%、コミュニケーション力が30%ぐらいと感じている。これをビジネスデータ分析に置き換えると、Excelのピボットテーブルなどの操作スキルが20%、表やグラフの生い立ちやその背景を読みとる現場の知識が 50%、その分析結果を上司や同僚、顧客先などに伝えるコミュニケーション術が30%となる。冒頭で紹介したピボットグラフ会議は、有効なコミュニケーション術の1つである。

 今回は、ビジネスデータ分析の内容や結果をどのように伝え、今後のビジネス活動に役立たせるかといったコミュニケーション術について解説する。

分析結果を“見える化”

 ピボットテーブルなどで分析した結果を他人に伝えるコミュニケーション術の基本は、いわゆる「見える化」である。冒頭で紹介したピボットテーブル会議の他に、主な方法が3つある。

 最もオーソドックスなやり方が、プレゼンテーション資料にすることだ。データ分析の結果を表やグラフとしてPowerPointに貼り付け、体裁を整えて提案書や企画資料に仕立て上げる。

 分析結果をよりビジュルに見せたいなら、専用ツールであるマイクロソフトのVisioを活用するとよい。大量データを階層化したり、グラフィカルなアイコンやグラフで図示できる。

 分析結果のグラフや表をWebを介してネットワーク上に公開することも効果的である。Excelには、データを“Web化”する機能が備わっている。

 以下、「ExcelとPowerPointとのデータ連携」「Visioによるグラフのビジュアル化」「ExcelデータをWeb化する方法」のポイントを順に説明する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら