Linux環境を持っていない場合は,Fedora 9のインストール方法を読んで,先にLinuxの導入を済ませておいてほしい。

 ここでは,Fedora 9をインストールした状態から,Ruby on Rails(以下Rails)をインストールし,Webアプリケーションをテスト稼働させるまでの手順を解説する。データベースにはSQLite3を用いる。なお,「1分で作る」というのは,Railsのインストール時間は含まない。Rails環境を一度インストールすれば,後は「瞬時にアプリケーションを作成できる」というのがRailsの一つのウリだからである。

 Fedora 9にログインして,コマンド入力用の端末を起動する。デスクトップ画面の「アプリケーション」-「システムツール」-「端末」を選べば起動できる。

 まず,端末から「yum」というコマンドを用いて,次のようにCのコンパイラとRuby本体とSQLite本体,Rubyの開発環境およびSQLiteの開発環境を導入しておく。Fedoraをインストールする際に既に開発環境を導入しているなら,ここでgccは不要だ。なお社内LANなどプロキシ・サーバーを介した環境にある場合は,/etc/yum.confにproxy=http://proxy:8080を記述するなど必要なプロキシの設定を施しておく。

$ su
# yum install gcc ruby sqlite ruby-devel ruby-libs sqlite-devel 
ruby-irb ruby-rdoc -y

 とする。「yum」から「-y」までは1行である。

 「Complete!」と表示されれば,Rubyの開発環境およびSQLiteのインストールは完了する。

 次に,Railsをインストールする。RailsはRubyGemsというパッケージ形式で配布されている。Railsをインストールするためには,この「RubyGems」を先にインストールする必要がある。

 RubyGemsは,ソースがRubyForgeで配布されている。ソースをダウンロードして,ローカル上でビルドする。

 Firefoxを使ってダウンロードすることもできるが,次のように「wget」を使うと簡単である。2008年6月6日時点の最新バージョンは1.1.1である。

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/35283/rubygems-1.1.1.tgz

 入手したソース・アーカイブを,展開・解凍してビルドする。スクリプト「setup.rb」を実行すればビルドとインストールが自動的に始まる。

# tar zxf rubygems-1.1.1.tgz
# cd rubygems-1.1.1
# ruby setup.rb

 これでRubyGemsのインストールは完了した。

# gem -v

でインストールされたことを確認しておこう。

 さて,これでようやくRailsをインストールできるようになった。次のように,今導入したRubyGemsを使ってRailsをインストールする。コマンド名はgemだ。

# gem install rails

 聞かれる問いにはyで答えよう。ここは少々時間がかかる。筆者の環境では10分程度要した。

 「gem list」を実行するとインストールされたgemパッケージが一覧できる。

 以上で,Railsのインストールは終わった。

# rails -v

で確認しておこう。2008年6月6日時点ではバージョン2.1.0となる。

 最後に,同じくRubyGems形式で配布されている,RubyからSQLiteを操作するアダプタ「sqlite3-ruby」をインストールしておこう。これが無いとRailsアプリからSQLiteデータベースを操作できない。

# gem install sqlite3-ruby

 では,次にRailsのアプリケーションを作ってみる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら