開発支援ツール徹底調査2008年版

 「オープンソースと商用ツール,満足度が高いのはどっち?」「Visual StudioユーザーとEclipseユーザー,ほかにどんなツールを使ってる?」「独自ツールの利用者が多いのはどんな分野?」──。「開発支援ツール徹底調査」の結果から,ITエンジニアのツール利用の“今”を浮き彫りにする。

オープンソースと商用ツール,満足度が高いのは? 
Visual StudioとEclipse,満足度が高いのは? 
Visual StudioとEclipseのユーザーは,どんなツールを使っている? 
独自ツールの利用者が多いツール分野は? 
Webアプリケーションとクライアント/サーバー・アプリケーション,使われるツールの違いは? 

調査概要

 2008年3月17日から4月15日にかけて,インターネット上で実施。過去1年間に,システム開発プロジェクトやその支援に携わった人に限定して,ツールの利用状況を質問。1681人の回答を集計した。

 調査対象とした開発支援ツールは「分析/設計」「プログラミング」「単体テスト」「機能テスト」「負荷テスト」「変更/構成管理」「プロジェクト管理」の7分野。各分野で「利用したツールは何か」「利用したツールを選択した理由(決め手や経緯)は何か」「利用したツールの満足度はどれくらいか」などを尋ねた。

 ツールに対する満足度は「総合満足度」と,「インストールや初期設定がしやすい」「操作がしやすい」といった11種類の評価項目の満足度を個別に聞いている。いずれも,4段階で判定した結果を,100点満点になるように計算した。

開発支援ツール徹底調査2007年版