“作り手責任”が問われる