山下眞一郎/富士通南九州システムエンジニアリング 第一ソリューション事業部 ネットソリューション部 担当部長

 前々回のコラムで,Firefoxを使い続けるための“お勧め”設定を紹介しました。今回は,Internet Explorer(IE)を使い続けるための“お勧め”設定を紹介しましょう。

 筆者は以前,「今週のSecurity Check [Windows編]」というコラムで,たびたび「IEを使い続けるための“お勧め”設定」について記事を執筆しました(パッチ未公開のセキュリティ・ホールにも対応,最新版「IEを使い続けるための“お勧め”設定」)。この約4年前の記事を改めて読み返して見れば,「よくこんなに複雑な設定変更を勧めていたな」と書いた当人ながら,ビックリします。以前は,このくらいの設定変更を個別にしなければ,IEはそこそこ安心というレベルで使用できなかったのです。ただし,その後Windows XP SP2や,IE 7がリリースされ,ずいぶん状況が変わってきました。そこで,最近の状況を反映しつつ,できるだけシンプルな最新版の「IEを使い続けるための“お勧め”設定」を解説します。

◆IEを使い続けるための“お勧め”設定(2008年5月16日版)

【基本スタンス】
・インターネット上では,JavaScriptなどは原則として動作禁止にするというシンプルな「デフォルト・セキュア(Secure By Default)」設定にする
・面倒な設定変更なしに,「Microsoft Update」を使用できる設定にする
・現在公開されているIEやOSの最新のセキュリティ・パッチをすべて適用し,Windows XPの場合は最低限,SP2を適用する
・企業内のWebサイトのIE 7対応が完了していれば,セキュリティが向上し設定方法も改良されたIE 7を使うほうが望ましい

【IE 7の場合】
(1)IEの「ツール」メニューから「インターネット オプション」を選び,「セキュリティ」タブで表示される“インターネット”ゾーンのセキュリティ・レベルを,デフォルトの“中高”から,最大限の安全な設定レベルである『高』に設定する。具体的には,「このゾーンのセキュリティのレベル」にスライダが表示されているので,『高』に変更する。

図1 IE7インターネット設定画面
図1 IE7インターネット設定画面

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら