IP電話システム 日立コムが初登場で首位、NECは3位に後退

 IP電話システムの総合満足度は、日立コミュニケーションテクノロジー(日立コム)が初登場で首位に立った。2位は昨年と同じ富士通、3位は昨年の覇者であるNECと並んだ。

 音声/映像関連製品を手がける日立コムは、「マーケティング」「商材の開発」を除きすべて1位。これは、2007年全般をかけてパートナー企業の支援体制を手厚くしてきた結果だ。具体的には、工事保守サービスのメニュー化、顧客対応窓口の24時間対応など。パートナー企業だけでは対応しづらい顧客ニーズに応えた。受発注窓口を福島県郡山市の工場敷地内に移転し、納期調整などに柔軟に対応できるようにもした。

 総合では3位に後退したNECだが、「製品」「商材の開発」では1位と健闘している。中でも商材の開発については、海外を含め1000社以上に同社のIP電話サーバーのインタフェースを公開。連携アプリケーションの開発促進に取り組んでいる。

 4位以下のITベンダーは満足度の向上策を打ち出している。4位の沖電気工業は、営業支援と技術支援の部門を統括し、パートナー企業の要望に迅速に対応できる体制を整えた。5位のシスコシステムズは「収益性」の評価が低いことを重視し、既存の報酬制度の内容を改めて徹底する考え。6位の日本アバイアは、すべての研修を日本語で実施し、人材育成支援の体制を強化した。


評価項目別の満足度と各項目ごとの重要度ランキング
[画像のクリックで拡大表示] 評価項目別の満足度と各項目ごとの重要度ランキング

取引メーカーに対するロイヤルティ
取引メーカーに対するロイヤルティ

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら