「新たに取引したいメーカー」と「現在取引のあるメーカー」には、どのような相関があるのか。本調査の恒例となった“浮気度”調査の結果を掲載する。棒グラフの縦軸が現在取引しているメーカー名で、横軸に新たに取引したいメーカー名を示す。それぞれの数値は、回答件数である。




この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら