「技術の問題の解決策として、学校教育に触れたジャーナリストはあなたが初めてですよ」。

 2002年の秋に、ある学会の講演会場で初めてお目にかかった時、桜井宏氏は開口一番、筆者にこう言った。誉められた話を書くのは面映ゆいが、桜井氏の問題意識を示す発言なのでそのまま記載する。

 この学会で筆者は「情報システムのトラブルとその対策」といった内容の話をした。桜井氏は聴衆の一人であった。質疑応答の時であったと思う、「プロジェクトマネジメントの重要性を強調されたが、どう普及させるべきか」という質問が出て、筆者は「プロジェクトマネジメントの基本は中学生でも理解できる。できれば学校で教えたらいい」と答えた。筆者の答えを聞いた桜井氏は講演終了後、筆者の所にやってきて、冒頭のように声をかけて下さり、続けて意外なことを言った。

 「プロジェクトマネジメントどころか、日本の学校は技術についてほとんど何も教えていないのですよ」。

 技術系の記者として聞き逃せない発言である。これをきっかけに、時折、桜井氏に会って、日本の技術教育の問題について教えてもらうようになった。桜井氏とお付き合いした数年間は、筆者が経営と技術を結びつける新雑誌「日経ビズテック」を作ろうと悪戦苦闘した時期と重なっていた。

 桜井氏は三菱金属(現・三菱マテリアル)で取締役中央研究所長や米国三菱金属社長を歴任され、60歳を境に同社の技術顧問となる一方、社団法人日本工学アカデミーの専務理事として活動された。2002年から2006年3月まで、桜井氏が全力を傾けたテーマが「技術リテラシー(技術の素養)」であった。「技術の世界で50年飯を食ってきて、心残りは技術が技術者の世界に閉じていること」と語った桜井氏は、技術者だけではなく、日本人全体の技術リテラシーを高めるためにはどうしたらよいかを考えた。

 桜井氏が出した解答は、「学校教育で技術についてきちんと教える。社会に出た時に、技術に関する一定の素養が身に付いているようにする」というもの。「学校で教える」という筆者の発言はプロジェクトマネジメントに関してであり、技術までは考えていなかったが、桜井氏がわざわざ感想を言いに来て下さったのは、こうした背景があったからである。

 International Technology Education Association(ITEA、国際技術教育学会)という団体がまとめた『Standards for Technological Literacy』(邦訳・国際競争力を高めるアメリカの教育戦略、教育開発研究所)という報告書の存在を教えてくれたのは桜井氏である。たまたまこの報告書を見つけた桜井氏は一読して衝撃を受け、日本でも技術リテラシー教育に取り組まなければならないと決意した。筆者もこの本には驚き、紹介するコラムを何本か書いた。

 桜井氏は日本工学アカデミーで技術リテラシー・タスクフォースを作り、さらに日本学術振興会のプロジェクト「教養教育の再構築」にも参画し、技術リテラシーの問題に取り組み続けた。こうした活動の傍ら、桜井氏は筆者に「技術リテラシーの中に、IT(情報技術)の知識は欠かせないでしょう。ただ、ITというとすぐパソコン操作になってしまう。技術リテラシーの勉強会をやっていますから、本来の情報活用というテーマで今度話をして下さい」と依頼されたが、これは実現しなかった。

 2005年の年央であったか、技術リテラシー・タスクフォースが一段落し、その報告会が開かれたので筆者は出席した。それが桜井氏にお目にかかった最後であった。2005年当時、筆者は日経ビズテックの編集委員をしていたが、2005年後半から同誌のプロジェクトに暗雲が垂れ込め、その延命活動で手一杯となり、桜井氏に連絡をとらないまま2005年は終わってしまった。

 2006年3月、新聞の朝刊で筆者は桜井氏の訃報を読んだ。実は2005年末に経営判断が下され、日経ビズテックのプロジェクトは「継続するが編集部は解散させる」という不思議な状態になっていた。古巣の職場に戻されていた筆者は仕事にかまけ、通夜にも葬儀にも出席しなかった。

 それからまもなくして、東海大学出版会から『社会教養のための技術リテラシー』という桜井氏の著書が出版された。同書の後書きを読む、いったん体調を崩した桜井氏は静養後に同書を完成させ、出版が決まったことを喜んでいたという。残念ながら、出版を見届ける前に亡くなられた。

 2006年の秋になって、桜井氏から仕事の依頼が来た。無論、ご本人が連絡してきたわけではない。あるプロジェクトに関わっていた桜井氏は生前、「本件のメンバーに谷島さんを入れるように」と言い残していた。そのプロジェクトリーダーの方が「桜井さんからの依頼です」と訪ねてこられた。新規開発プロジェクトをやっていようが、古巣にいようが関係ない、いかなる状況にあろうと受けざるを得ない。

 それが『21世紀の科学技術リテラシー像~豊かに生きるための智~プロジェクト』である。「日本人が身に付けるべき科学技術の基礎的素養に関する調査研究」を目指したもので、技術リテラシーだけではなく科学のリテラシーについても、基本となる内容をまとめている。この3月、プロジェクトの報告書が発行され、さらに「科学技術の智プロジェクト」のWebサイトで公開される。

 筆者はこのプロジェクトで技術専門部会に所属し、技術に関する報告書の作成に関わった。報告書を出せたことで、桜井氏の依頼にひとまず応えられたと勝手に判断し、思い出話を書いた。

 最後に、日経ビジネスEXPRESS(現・日経ビジネスオンライン)に掲載した桜井氏のインタビュー記事を再掲する。2003年8月4日に「日本の技術教育で教えていないこと」という題名で公開したものである。

(谷島 宣之=経営とITサイト編集長)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら