Linuxカーネルの基本機能

カーネルはLinuxシステムの中核をなす重要なソフトウエア部品です。Linuxを使いこなすためには,カーネルの動作や仕組みに対する理解が欠かせません。本連載では,Linuxカーネルの役割とその仕組みを体系的に紹介します。

第1回 カーネルの機能とその利用法 
第2回 プログラムとプロセス 
第3回 プロセス・スケジューリング 
第4回 プロセス・メモリー管理 
第5回 カーネル・メモリー管理 
第6回 割り込み管理 
第7回 ファイル・システム(前編) 
第8回 ファイル・システム(中編) 
第9回 ファイル・システム(後編) 
第10回 ファイル名の文字コード 
第11回 デバイス・ドライバ 
第12回 ソケット・インタフェース 
第13回 IPとルーティング 
第14回 TCPとUDP 
第15回 パケット・フィルタリングとQoS機能 
第16回 排他制御機構 
第17回 モジュール機構 
第18回 カーネルの起動処理 
出典:日経Linux 2003年8月号 118ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。