開発●スウェーデンEdgewall Software/杉本 秀樹氏
URL●http://trac.edgewall.org/
https://sourceforge.jp/projects/aioec/

「ソフトウエアを作る環境を楽しくするお役立ちフリーソフト」を集めて,1日1本のペースでご紹介しています。今回はプロジェクト管理システム「Trac」です。

 「Trac」はプロジェクト管理に必要な3種類の機能を統合したシステムです。文書共有のためのWikiとソースコード共有のためのSubversion,さらに「チケット」という仕組みを利用したバグ管理システムの3種類の機能を提供します。Webアプリケーションとして動作するため,利用するにはApacheなどのWebサーバーが必要です。また,Subversionもあらかじめインストールしておく必要があります。

 早く動かしたい人はAll-In-One-Tracを利用するとよいでしょう。Apacheなどの扱いに慣れている人は単体でインストールしたほうが扱いやすいかもしれません。インストールが済んだら,TracのWebページを開いてみてください。ページの上のほうに「Wiki」から始まるリンクが並んでいるはずです。ここで「ロードマップ」をクリックするとスケジュール表が現れます。「リポジトリブラウザ」はSubversionリポジトリへのWebインタフェースです。クライアントがなくてもソースコードへのアクセスが可能になります。バグを登録するには「チケット登録」をクリックします。ここから,関係者にチケットを発行できます。チケットを受け取った関係者は自分の対応状況を返信しなければなりません。これがチケットを使ったバグ管理システムです。情報をWebに集約したいなら,インストールしてすぐに情報共有が始められるTrac(特にAll-In-One-Trac)はお薦めです。

図
出典:日経ソフトウエア 2007年7月号 52ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。