『仮想化』が今後のメインストリームであることは間違いない。導入企業も急速に増えている。だが,安易に仮想化に取り組むとかえってコスト高になるケースもあるし,障害発生時の対応は基本的にユーザーの自己責任になる。現実は甘くないのだ。ユーザー企業には,現在の仮想化技術の実力を見極め,自社の導入タイミングを計る“選球眼”が求められる。

第1回 割高になることもある仮想化のコスト  
第2回 仮想化できないサーバー  
第3回 仮想化で動作しない・保証されないソフト  
第4回 発展途上にある仮想化の可用性 
出典:日経コンピュータ 2008年3月1日号 148ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。