携帯電話新時代へ

アップルのiPhoneとグーグルのAndroid。2007年に突如現れた二つのプラットフォームが携帯電話の新しい世界を生み出す。この結果,手に入るのは携帯電話の機能をフルに使えるアプリケーション実行環境だ。企業は携帯電話の潜在能力を存分に生かしたシステムを作れるようになる。

第1回 パソコン文化が携帯に侵食 
第2回 オープンを望む開発者と拒む事業者 
第3回 長期的にはすべてがオープンに 
第4回 携帯はパソコンと同じ道を歩む? 
第5回 統一に向けた動きが活発化 
出典:日経コミュニケーション 2008年2月1日 44ページから
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。