米Microsoftは元来,2006年に出荷する「Windows Server 2003 R2」にネットワーク検疫機能(Network Access Protection,NAP)を搭載つもりだった。しかしMicrosoftはNAP搭載をとりあえず断念し,米Cisco Systemsと提携して両社のNAP技術の相互運用を目指すことにしている。両社は9月中旬に新しい相互運用計画を公開しているので,この動きを解説しよう。

目次