ジャンル:ウイルス対策ソフト 作者:Robert Hogan氏
ライセンス:GNU GPL URL:http://klamav.sourceforge.net/

KlamAVは,テキスト・ベースで動作するウイルス対策ソフトClam AntiVirusのフロントエンド・ツールだ。グラフィカルな画面上で操作できる。指定した時刻にスキャンする,届いたメールをスキャンする,といった機能も加わる。

 コンピュータ・ウイルスによる被害は後を絶たない。これは,Windowsだけの話ではない。Linux向けのウイルスも存在する。また,Windows向けのウイルスであっても,Linuxサーバー経由でウイルス付きのメールを配信したり,ウイルスに感染したファイルをファイル共有したりすれば,被害を広げることになる。これらを防ぐためにも,Linuxマシンのウイルス対策は欠かせない。

 Windowsでは,シマンテックのNorton AntiVirusやマカフィーのVirusScanなどの有償製品が有名だが,Linuxではオープンソースの「Clam AntiVirus」(以下,ClamAV)がよく利用されている。

 ClamAVは,Linuxシステムにあるファイルを検査し,ウイルスに感染したものを隔離または削除するウイルス対策ソフトだ。ただ,コマンドラインから操作する必要があるため,特にLinux入門者には使いづらい。

 KlamAVは,ClamAVをグラフィカルな画面で操作できるようにしたフロントエンド・ツールだ。指定したディレクトリを検査する,感染しているウイルスの情報を得る,パターン・ファイルを更新する,といったClamAVのあらゆる操作がマウスだけで行える。

ClamAVのインストール

 KlamAVを利用するには,まずClamAVをインストールする必要がある。Fedora Coreの場合は,yumコマンドを利用して次のようにインストールする。


$ su
# yum install clamav

 Debian GNU/Linuxの場合は,apt-getコマンドを利用してインストールする。


$ su
# apt-get install clamav

 yumやapt-getが利用できない場合は,ソース・アーカイブを入手してインストールを行う。ソース・アーカイブは,公式Webサイト(http://www.clamav.net/)から入手する。2007年5月上旬時点の最新バージョンは「0.90.2」で,アーカイブ名は「clamav-0.90.2.tar.gz」だ。

 ソース・アーカイブからインストールする場合は,あらかじめclamavユーザーを作成しておく必要がある。ユーザーの作成は,


$ su
# /usr/sbin/useradd clamav

と実行する。続けて,図1のようにインストール作業を行う。


# tar zxvf clamav-0.90.2.tar.gz
# cd clamav-0.90.2
# ./configure
# make
# make install
図1●ClamAVのインストール手順

 いずれの方法でもインストールが終わったら,次のコマンドで動作テストを実施し,ウイルス・チェックが行われることを確認しておこう。


$ clamscan ~/

KlamAVのインストール

 次に,KlamAVをインストールする。Fedora Coreの場合は,yumコマンドでインストールできる。


# yum install klamav

 Fedora Core以外では,インストーラ付きのソース・パッケージを使うとよい。パッケージは,KlamAVの公式サイト(http://klamav.sourceforge.net/)から入手できる。ただし,入手するバージョンに注意する。なぜなら,インストールされたClamAVのバージョンによって,利用するKlamAVのバージョンが異なるからだ。ClamAVが0.8xの場合はKlamAVの0.38を,0.9xの場合は0.41のパッケージを利用する。ClamAVのバージョンは,次のコマンドで確認できる。


$ clamscan --version

 バージョン0.41の場合は,図2のように実行する。バージョン0.38を利用する場合は,「0.41」を「0.38」と置き換えて実行をすればよい。


$ tar zxvf klamav-0.41-installer.tar.gz
$ cd klamav-0.41-installer
$ ./DoubleClickOrExecuteMeToInstallKlamaAV-0.41
図2●KlamAVのインストール手順

 最後のコマンドを実行すると,パスワードを尋ねられるので,管理者のパスワードを入力する。後は,メッセージに従って操作すればインストールは終了だ。ただし,インストールするパッケージの選択画面で,「Dazuko」のチェックを外しておくようにする。

 インストールが完了したら,


$ klamav

と実行すると,KlamAVが起動する。Fedora Coreの場合はアプリケーション・メニューの「システムツール」-「KlamAV」でも起動できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら