1月第2週の「2008 International CES」期間中,業界の耳目を一身に集めたのは米国の大手映画会社Warner Bros.による「Blu-rayへの一本化」だった。しかしそれから1週間が経ち,Warnerの選択が持つ意味は一気に陳腐化した。米Appleが「iTunes Movie Rentals」を発表し,低価格でHD(高精細)動画を配信することを明らかにしたからだ。

 iTunes Movie Rentalsでは,DVDレベルの画質(SD画質)なら,新作の映画を1本3.99ドルで,旧作の映画は1本2.99ドルで「レンタル」できる。次世代DVD並みの画質(HD画質)でも,レンタル料金はそれぞれ1ドルずつ高くなるだけだ。あくまでレンタルなので,動画はダウンロードから30日以内に視聴し,しかも1度再生を始めてからは24時間以内に見終わらなければならない。それでも,「音楽は何度も聴くので所有が向いているが,映画は1度だけ見ることが多いので,レンタルが向いている」とAppleのCEO(最高経営責任者)であるSteve Jobs氏が語るように,レンタルは普及の妨げにはならないだろう(関連記事:動画で見る「パソコン要らずのAppleTV」)。

 iTunes Movie Rentalsの安さは明確だ。米国で販売される映画DVDの中心価格は10~15ドルと日本よりもかなり安いが,2.99ドルまたは3.99ドルというiTunes Movie Rentalsの価格には及ばない。HDになると,その価格差はさらに大きくなる。米国で販売されるBlu-rayやHD DVDの映画タイトルは,中心価格が25ドルとまだ高いからだ(それでも日本より圧倒的に安い)。

 iTunes Movie Rentalsの画質は720pであり,Blu-rayやHD DVDの1080p(最高の場合で)には及ばないが,5分の1以下という価格の違いは大きい。そしてiTunes Movie Rentalsを薄型テレビに映し出すハードウエア,つまりApple TVの価格も,229ドルとお手ごろである(2007年末には米Wal-MartがHD DVDプレイヤを99ドルで販売したが,現時点でのHD DVDプレイヤの価格は149~299ドルである)。

全映画会社がiTunes Movie Rentalsを支持

 それでも,筆者がiTunes Movie Rentalsで衝撃を受けたのは,実は価格ではない。筆者が一番驚いたのは,サービス発表の時点で,ハリウッドの全大手映画スタジオが,iTunes Movie Rentalsを支持したことである。Appleとほぼ一心同体と言えるThe Walt Disney Studiosだけではない。20th Century Fox,Warner Bros.,Paramount,Universal Studios Home Entertainment,Sony Pictures Entertainment,Metro-Goldwyn-Mayer(MGM)が,iTunes Movie Rentalsをそろって支持したのだ。

 この現実を目の前にすると,「Warner騒動とは一体なんだったのか」と思わざるを得ない。次世代DVDを巡っては,ソニーを中心とするBlu-ray陣営と,東芝を中心とするHD DVD陣営が,あの手この手で映画会社の囲い込みにしのぎを削ってきた。今回,Blu-ray陣営がWarnerを引き込んだことで,「囲い込み戦争」の勝利に大きく近づいたといわれている。

 しかしその勝利に,どの程度の意味があるのだろうか。一方のiTunes Movie Rentalsには,全ての映画スタジオが揃っている。もちろん,開始当初のiTunes Movie Rentalsで入手できるHDタイトルは100本に限られており,タイトルの数はBlu-rayにもHD DVDにも及ばない。しかしiTunes Movie Rentalsなら,「Blu-rayを選べばParamountが見られなくなる」「HD DVDを選べばWarnerやSonyが見られなくなる」といった不愉快さとは無縁だ。映画スタジオの選択肢という点で,「最強のHDフォーマット」が登場したと言える。

 筆者は2年前,2006年の「Macworld Expo」に際して,「AppleがHD動画配信に参入する」との予測記事を書いた。その当時は「Appleが単独で,HD動画配信のフレームワークを構築するのは難しいのではないか」と考えていた。しかしAppleは,ハードウエア(Apple TV)からサービス(iTunes Movie Rentals)まで,全て1社で提供する方針だ。「世界中の薄型テレビにApple TVを据え付ける」という覚悟を決めたのなら,筆者は素直に「見くびっていました」と脱帽せざるを得ない(関連記事:Jobs氏の講演終了とともに膝から崩れ落ちる)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら