2007年の重大トピックス


1位 “未熟な傑作マシン”だった「iPhone」,使ってみて初めて分かった実像
2位 社内のPC700台からMS Officeを削除したアシスト
3位 【試用レポート】イー・モバイルの「EM・ONE」を徹底検証!
4位 最優秀アンチウイルス・ソフトは「AntiVirusKit」,最下位は「Microsoft OneCare」
5位 アイコンを「パンダ」にするウイルスが蔓延,Webアクセスで感染
6位 YouTubeより高画質,販売もできる動画サービス「Stage6」が話題
7位 【特別インタビュー】任天堂岩田社長が「Wii」に込めた想い
8位 あの「Lhaca」がアブない,日本標的のゼロデイ・ウイルス発見
9位 ハードディスクのデータ復旧はこうして行われる
10位 全日空システム障害はデータ滞留が焦点に,通信機器は前日に兆候も
11位 全日空システムの障害原因は,事前のシステム入れ替え
12位 【CES2007】壁紙の滝が流れ出す!これがVistaの動く壁紙だ
13位 アイピーモバイルが携帯参入取りやめ,事業資金を集められず
14位 ソフトバンクも定額制には白旗? ドコモ新料金に初の「追随せず」
15位 制震構造のシャープ亀山工場,震度5強でも被害なし
16位 話題の電力線通信アダプタの実力を検証!
17位 マイクロソフトのWebページが改ざん,「パイまみれの写真」を掲載
18位 ソフトバンクモバイルの新料金プランを既存プランと比較してみた
19位 話題の仮想世界「Second Life」に突入取材,そこには「小京都」もあった
20位 都営地下鉄のPASMO定期が無償発行のミス,19日までにプログラム改修
目次
マネジメント
 内部統制に明け暮れた1年
 トラブル頻発でBCPにも脚光
 

情報システム
 身近なシステム・トラブルと
 社会的な話題に高い関心
 

Windows
 XPのニーズを残しつつ
 Vistaの時代が始まる
 

オープンソース/Linux
 OpenOffice.orgや軽量言語
 仮想化に注目集まる
 

サーバー&ストレージ
 データセンター問題が焦点に仮想化と
 省電力で解決へ
 

Development
 基礎解説記事が人気,
 Delphi入門も根強い
 

セキュリティ
 PDFなどの新たなスパムや
 ゼロデイ攻撃の対象が広がる
 

ネットワーク
 明暗分かれた新規携帯事業者,
 iPhoneやNGNなどの新顔も
 

ITトレンド
 やはり人気のWii関連記事,
 テレビのデジタル化も関心度大
 


 2007年もいろいろなニュースがICT業界を駆けめぐり,ITproに掲載したニュース記事は1年間で5000本を超えた(解説記事やコラムなどは除く)。読み切れないほど大量にある記事のうち,特に良く読まれた記事をアクセス・ランキングという形でお届けする。

 ITproのニュース記事の総合ランキングを見ると,第1位はiPhone,第3位はイー・モバイルのEM・ONEだ。どちらもスマートフォンに分類される携帯端末で,11月に米Googleが公表したAndroidも含めて,2007年はスマートフォンが大きな関心を集めたと言えよう。

 ケイタイ関連では,アイピーモバイルの経営破綻(第13位),「ホワイトプラン」に代表されるソフトバンクモバイルの料金戦略に関連するニュース(第14位,第18位)も話題になった。

 トップ10にランクインした記事には,セキュリティ関連ニュースも多い(第4位,第5位,第9位)。数年前のように爆発的にウイルスがまん延してTVニュースにまで取り上げられることはなくなったが,ボットに代表されるように人知れずコンピュータに潜り込む手口は今もなお続いている。また2007年は,ネットを流れる全メールの90%以上がスパムメールだったとも言われいる。セキュリティ・パッチが公開されるまでに,そのぜい弱性を突くゼロデイ攻撃もいくつも報告された。こうしたセキュリティ問題は,残念ながら2008年も続くだろう。

 このほか,システム障害を速報したニュースや,災害時にオフィスや工場がどうなったかをレポートした記事が,トップ20にいくつかランクインした。例えば,10位と11位の全日空システムのトラブル,20位のPASMOのシステム障害,15位の震度5強の地震時でもシャープ亀山工場に被害が出なかったことを速報したニュースなどだ。ITproでは,単にシステム障害を報告するだけでなく,そのトラブル経験を次に生かし,BCP(事業継続計画)として役立てられるようにするために,2008年もウォッチしていくつもりだ。

 以下では,ITproのテーマサイトに合わせた分野別の記事ランキングを掲載する。2007年の総括として確認していただきたい。

ランキング21位~60位まではこちら

ランキング61位~100位まではこちら

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら