著者:林 信行=ITジャーナリスト

 2007年のケータイ端末は「iPhone」の話題で始まり,「Android」の話題で幕を閉じようとしている。米アップルがiPhoneを発表したのは2007年1月9日。その後,タッチパネル型の斬新なインタフェースを持つiPhoneは,新しいケータイとして話題をさらった(写真1)。その後,11月に米グーグルが公表した「Android」が,ケータイ業界の話題の中心となった(写真2)。

写真1●米アップルの「iPhone」   写真2●米グーグルが公表した「Android」のエミュレータ画面
写真1●米アップルの「iPhone」   写真2●米グーグルが公表した「Android」のエミュレータ画面

 Androidは,グーグルが中心になって提唱しているオープンなケータイ規格のこと。企業連合「Open Handset Alliance」で仕様を規格化し,参加メンバーを含むさまざまなメーカーからAndroid対応ケータイが発売される予定だ。Open Handset Allianceには,台湾のHTC,韓国のLG電子,サムスン,米モトローラといった海外の主要ケータイ・メーカーのほか,NTTドコモやKDDIを含むキャリア,米インテル,米エヌビディアや米クアルコムといったチップ・メーカーが参加している。

 今回は,iPhoneとAndroidはケータイをどう変えるのかについて考えてみたい。

パソコン並の性能を持つケータイが台頭

 iPhoneとAndroidの登場は,ケータイの新しいトレンドを加速させる。それはパソコン用OSを搭載したケータイの台頭だ。AndroidのベースとなっているOSはLinux 2.6で,そのプラットフォーム上にインターネット通信,画像表示,Webブラウザなどのライブラリが用意され,リッチなアプリケーションを実行できる環境をそろえている。OSとしての構成も性能も,かなりパソコン用OSに近い。

 iPhoneも同じで,Macに搭載されているのと同じ「Mac OS X」を搭載している(「iPhoneの衝撃---第2回 “非常識”な端末「iPhone」が変えたケータイ端末づくり」参照)。iPhoneやAndroidの映像表現や操作性が,これまでのケータイから大きく跳躍しているのは,両規格がパソコン用OSを搭載していることが大きな要因の一つだ。

 パソコン用OSをベースにするAndroidとiPhoneは,これまでのケータイ端末とは機能/性能の出発点から大きく先行している。また,「スマートフォン」と呼ばれるキーボードやフルブラウザを搭載した高性能ケータイと比べても,機能の充実度は高い。スマートフォンが搭載する「Palm OS」「Symbian OS」「Windows Mobile」といったOSも,パソコン用OSと比べると性能が落ちるPDA用の簡易OSに過ぎなかったからだ。

 実はこの1~2年で起こった最も重要な変化は,これまでのスマートフォン(つまりPDA)と同じほどの大きさ,同じほどの価格,そして同じほどのバッテリ動作時間で,パソコン並みの性能を持つハードウエアを作れるようになったことだ。そこにiPhoneやAndroidは目を付け,パソコン用OSを搭載し,これまでとは一段上の操作性をケータイに持ち込んだ。2008年以降,パソコン用OSを搭載したケータイが台頭するのは間違いないだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら