第1回IT Japan Award 2007のグランプリ/経済産業大臣賞に選ばれたのは、セブン-イレブン・ジャパンの「第6次総合情報システム」だ。500億円と4年6カ月という巨費と時間を注ぎ込んだ巨大システムだが、プロジェクトの遅延や運用後のトラブルがないだけでなく、電子マネー会員の増大、店舗当たり売上高を下げ止めるなどの効果が評価された。

IT Japan Award 2007

 セブン&アイ・ホールディングスが2007年4月23日から始めた、独自の電子マネー「nanaco(ナナコ)」の発行枚数は、6月13日で300万枚を突破し、7月10日時点で396万枚にまで増えた。世間が電子マネーに注目が集まる時期に、タイムリーに世に送り出せた結果だ。セブン&アイ・ホールディングスのシステム企画部CVSシステムシニアオフィサーの佐藤政行執行役員は、「順調に発行枚数が増え、年間1000万枚の目標に向けて、手応えを感じている」と話す。

 07年春に電子マネーを投入すると決めたのは、2002年秋。それまでの計画では07年秋だった。だが、首都圏の私鉄やバスを中心としたICカード「PASOMO」が07年3月にスタートすることが判明。SuicaとPASMOの陣営が一気に普及すると踏んだセブン&アイは、独自の電子マネー「nanaco」の投入を同じ07年春に選んだのだ。

写真●独自の電子マネー「nanaco」のオープニングでテープカットするセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(中央)。右はセブンーイレブン・ジャパンの山口俊郎社長
写真●独自の電子マネー「nanaco」のオープニングでテープカットするセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(中央)。右はセブンーイレブン・ジャパンの山口俊郎社長

 結果は図1を見ての通りで、年間1000万枚の目標に急ピッチで近付いている。7月時点で1日の利用件数は全国で約120万件。1日に何度か利用するヘビーユーザーの率が高いという。女性の注目度も高く、保有男女比率は55:45。通常の来店比率である62:38と比べると女性の率が7ポイントほど高い。「ポイント交換やメーカー・キャンペーンなどのメリットに引き付けられているようだ」と佐藤執行役員は説明する。

図1●躍進を続ける電子マネー「nanaco」
図1●躍進を続ける電子マネー「nanaco」
予想を上回るペースで増え、約1カ月半で300万件を登録。1日に100万件ほどの利用があるという
[画像のクリックで拡大表示]

 そのnanacoの躍進を支えているのが、06年に稼働した「第6次総合情報システム」である。同システムは、電子マネーだけではなく、店舗システムや本部分析システム、インフラ機能など、複数の機能を併せ持つセブン.イレブン・ジャパンのIT基盤だ。8年ぶりの大型刷新となった第6次システムでは、特に店舗の現場レベルの仕事のやり方が大きく変化している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら