PROJECT KySS(プロジェクト・キッス)。 四国のSOHO。薬師寺 国安(フリーWebプログラマ)と,薬師寺 聖(デザイナ,個人事業所自営,http://www.SeinDesign.net)によるコラボレーション・ユニット。XMLに関する記事や著書多数。両名とも,Microsoft MVP for Windows Server System - XML (Oct 2003-Sep 2008) http://www.PROJECTKySS.NET

 本稿で利用するExpression Design,Expression BlendをはじめとするMicrosoft Expression Studio製品の全機能をインストール後60日間にわたって利用できる「Microsoft Expression評価版」をマイクロソフトのExpression Studioサイトからダウンロードできます。Expression Design/Expression BlendのサポートOSは,Windows Vista,Windows XPService Pack 2です。Windows XP Service Pack 2の場合はインストール前に .NETFramework 3.0をインストールしておく必要があります。Expression Blendで作成したコードを編集するには,Visual Studio 2005がインストールされている必要があります。

 今回は,Expression Designを使った,シンプルな図形作成の手順を追ってみる。ドローツールになじみのないプログラマの皆さんも,ぜひ実際に試してみてほしい。

 Expression Designをインストールできたら,さっそく起動してみよう(注1)。ここでは,特によく使う機能をピックアップして,図1のような人の形を描いてみる。Adobe Illustratorを使ったことがある人なら直感的にすぐに使えるだろうが,手順に慣れるためにも実際に操作してみてほしい(注2)。

図1●今回作成してみる簡単な絵
図1●今回作成してみる簡単な絵

新規ドキュメントを作成して,作図環境を設定する

 まず,新規ファイルを作成する。メインメニューの「ファイル/新規作成」を選択し,新規ドキュメント設定ウィンドウで,任意のファイル名を付ける。ここでは「person_sample」としている。プリセットには「カスタム」を,単位には「ピクセル」を指定し,任意の作図領域のサイズ,ここでは幅100px,高さ300pxを指定している(図2)。

図2●新規ドキュメントの作成と設定
図2●新規ドキュメントの作成と設定

 目印になる線(ガイド)を引いておくと作図しやすいので,左側のスケール上をプレス&ドラッグして,ガイドを画面中央部分まで引き出し,拡縮率の%横の候補ボタンをクリックして,見やすい倍率に拡大する(図3)。

図3●ガイドを引き出し,表示倍率を調整する
図3●ガイドを引き出し,表示倍率を調整する

楕円を作図して,不要部分をカットする

 作図方法は描き手の数だけあるが,ここでは人の頭の部分から描いていく。「楕円」ツールをプレスして,サブメニューの「楕円」ツールをクリックし,ガイドを参考に,任意の位置に任意のサイズの楕円を描く(図4)。位置を調整したい場合は,キーボードの矢印キーで移動させると手っとり早い。

図4●楕円ツールで楕円を描く
図4●楕円ツールで楕円を描く

 今度は上のスケール上をプレス&ドラッグしてガイドを引き出して,カット位置を定めてから,ハサミツールを選択する(図5)。楕円とガイドの2カ所の交点を順次クリックする。楕円が2カ所でカットされる。「選択内容」ツールをクリックし,さらに画面上のスペースをクリックして作業状態を解除する。再度「選択内容」ツールをクリックしてから,楕円上のカットする部分をクリックすると,選択状態になる(図5)。ここでキーボードの[Del]キーを押すと,選択部分を削除できる。

図5●不要部分のカットにはハサミツールを使う
図5●不要部分のカットにはハサミツールを使う

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら