村上 智美(むらかみ ともみ)

 株式会社DTS ネットワーク事業本部所属。Struts/Springベースのフレームワーク開発,プロジェクト支援が主な業務。EclipseプラグインによるIDE開発にも携わっている。


木村 真幸(きむら まさゆき)

 株式会社DTS ネットワーク事業本部 プロジェクトマネージャ。Javaを中心にフレームワーク開発や開発プロセス定義など幅広く活躍中。TERASOLUNAフレームワーク,StrutsIDEコミッタ。著書「まるごとEclipse! Vol.1」(発行:インプレスコミュニケーションズ)。

 PDFに代表される帳票作成を行うオープンソース製品には,様々なものがあります。今回は,Webアプリケーションとの統合といった観点も含め,帳票・レポート作成を支援するためのプラグインを紹介します。

Eclipse BIRT

 最初に紹介するのは,Eclipse本家がリリースしている「Eclipse BIRT(Business Intelligence and Reporting Tools)」です。

 Eclipse BIRTは,表やグラフなどを使ったHTML形式,PDF形式のビジネス帳票を作成するための,オープンソースのプラグインです。アプリケーションから帳票を出力するためのライブラリを,TomcatなどのWebアプリケーションサーバーと組み合わせてWeb/PDF形式のレポートを生成することもできます。

 Eclipse BIRTは,レポート作成部分(Design Engine)とレポート表示部分(Report Engine)の大きく二つの機能から構成されています。実際に,GUIを用いてレポートを作成する際,プレビューで確認しながら作業が行えます。

◆導入(インストール)

 Eclipse BIRTは,連載第5回「Europa(Eclipse 3.3)の注目機能はこれだ!」で紹介した「Europa」ディスカバリー・サイトに登録されています。

 また,Eclipse BIRTのWebページから,必要なプラグイン(GEFやEMFなど)がすべて含まれているAll-in-One(birt-report-designer-all-in-one-2_2_1.zip)をダウンロードして展開しても利用可能です。

◆Eclipse BIRTでレポート作成

(1)レポート・プロジェクトの作成

 レポート・プロジェクト(メニュー[ファイル]→[新規]→[プロジェクト]→[ビジネス・インテリジェンスおよびレポート・ツール]→[レポート・プロジェクト])を選択し,プロジェクト(repotrProject)を作成します。パースペクティブをレポート・デザインに変更しておきます(図1)。

図1●プロジェクトを作成する
図1●プロジェクトを作成する
[画像のクリックで拡大表示]

(2)レポート・ライブラリの作成

 データの参照先となるライブラリを作成([ファイル]→[新規]→[ライブラリ])します(図2)。

図2●データの参照先となるライブラリを作成
図2●データの参照先となるライブラリを作成
[画像のクリックで拡大表示]

(3)データソースとデータ・セットの設定

 次に,レポート・ライブラリにデータソースを設定します。パースペクティブの左下のアウトラインビューを表示し,データソースを右クリックして,[新規データソース]を選択します。

 JDBCデータソースを選択し(図3),次のページでJDBCデータソースの設定を行ます。データソースとしては,データベース以外にも,CVSファイル,XMLファイルなど様々なものを指定できます。

図3●新規データソースを指定
図3●新規データソースを指定
[画像のクリックで拡大表示]

 データソースが設定できたら,レポートで使うデータをデータセットとして設定します。アウトラインビューでデータセットを右クリックし,[新規データセット]を選択します(図4)。 先ほど作成したデータソースの名前が表示されていることを確認して,次のページに進みます。

図4●新規データセットを作成
図4●新規データセットを作成

 今回は,データベースをデータソースとして設定したので,データセットとして利用するデータはselect文で定義します(図5)。画面左側の「使用可能項目」から必要なカラムやテーブルをドラッグ&ドロップしてSQL文を記述します。

図5●SQLクエリを定義する
図5●SQLクエリを定義する
[画像のクリックで拡大表示]

 作成したデータセットに結合するジョイントのデータセットを作成します。データセットの右クリック→[ジョイントデータセットの作成]を選択します。結合したいデータセットを選び,結合するキーを指定して終了します(図6)。

図6●ジョイントするデータセットを作成
図6●ジョイントするデータセットを作成
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに,データセットには計算列を追加することができます。データセットを選択して右クリック→[編集]を選ぶと,データセット編集画面が表示されます。左のツリーから「計算列」を選択し,[新規]ボタンを押下すると計算列追加用のダイアログが表示されます(図7)。ここで,列名,データ型,式を設定します。

図7●新規計算列追加ダイアログ
図7●新規計算列追加ダイアログ

 式の記述は[fx]ボタンを押下すると,データや演算子を組み合わせるためのダイアログ(計算式ビルダ)が表示されるので,数式を簡単に組み立てられます(図8)。

図8●式を作成するための計算式ビルダ
図8●式を作成するための計算式ビルダ
[画像のクリックで拡大表示]

 ここまでの作業で,ライブラリの作成は完了です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら