FlashCS3では,Flashムービーを制御するためのプログラミング言語ActionScriptの新バージョン「ActionScript 3.0」が搭載されました。ActionScriptを使用すると,ムービー内の絵や音の制御をはじめとして,複雑な動きや処理をプログラムを利用して実現できます。今回は,ActionScriptでできることの簡単なサンプルと,FlashCS3での「プログラム」の記述方法をご紹介します。

FlashムービーでActionScriptを使ってできること

 FlashムービーでActionScriptを利用することによってどんなことができるのか,まずは,いくつかの例を見てみましょう。

(1)ユーザーの操作に合わせたムービーの制御(図1

図1:マウスの操作に合わせて動くムービー(クリックすると別ウィンドウでムービーが表示されます)

(2)読み込んだ音楽の波形情報などへのアクセス(図2

図2:MP3ファイルに合わせて動くムービー(クリックすると別ウィンドウでムービーが表示されます。音が出ますのご注意ください)

(3)アニメーションのタイムラインの制御(図3

図3:タイムラインの制御を行うムービー(クリックすると別ウィンドウでムービーが表示されます)

(4)画像や音源ファイル,テキストファイルなどの読み込みと,コンテンツの内容に合わせたインタフェースの作成(図4

図4:独自のインタフェースの作成(クリックすると別ウィンドウでムービーが表示されます)

(5)あらかじめ用意されている「コンポーネント」を使った,標準的なユーザー・フォームの素早い作成とコーディング(図5

図5:コンポーネントを使ったインタフェースの作成(クリックすると別ウィンドウでムービーが表示されます)

 などなど,プログラム次第で柔軟に,そしてインタラクティブに,ムービーを作成できるようになります。ActionScriptを覚えておくと,「自分のやりたいこと」がいろいろできるようになると思います(*1)。興味がある方は,この機会に,ちょっと勉強してしまいましょう!

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら