●名称:Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop CD
●提供元:Ubuntu Japanese Team
●URL:http://www.ubuntulinux.jp/
●対応機種:PC AT互換機

Linuxディストリビューション一覧は,こちらから

 Ubuntuは,英Canonical社が支援するUbuntuコミュニティが提供するLinuxディストリビューションです。「Debian GNU/Linux」をベースに開発されています。Linux入門者が使いやすいように,インストールや各種設定が簡単に行えるのが特徴です。Ubuntuは,約6カ月ごとに新バージョンが公開されます。そのため,比較的新しいソフトウエアのパッケージが採用されているのも特徴に挙げられます。

 「Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop CD」は,CDからブート可能な1CD Linux(ライブCD)です(関連記事「Linuxディストリビューション「Ubuntu 7.10」,早くも日本語版が登場」)。国内のコミュニティのUbuntu Japanese Teamが提供しています。このライブCDを使えば,CDからパソコンを起動して,そのままUbuntuを利用できます。また,インストール・ツール(インストーラ)も付属しているので,パソコンのハード・ディスクにインストールしてそこから起動して使うことも可能です。さらに,Ubuntu 7.10では,検索を手軽に行える「Deskbar Applet」,グラフィックス・カードやプリンタの自動認識・設定機能などが新たに搭載されました。

 Ubuntuのインストール中には,インターネット経由で外部サイトからファイルをダウンロードします。そのため,インストールするパソコンがインターネットにつながっている必要があります。また,設定ツールを使うときに,パスワードを聞かれることがあります。そのパスワードには,手順6で設定したユーザーのパスワードを入力します。

 ちなみに,Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop CDのインストールCDは,日経Linux 2007年12月号(2007年11月8日発売)の付録DVD-ROMに収録されています。

■変更履歴
Canonical社の表記について誤りがございました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2009/05/20]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら