第11回 日常の業務システムを災害時にも活用しよう [2007/06/27]
第10回 災害情報システムを確実に稼働させるために [2007/06/15]
第9回 防災・危機管理における訓練のあり方について [2007/06/04]
第8回 気象情報と位置情報を活用した災害対策ソリューション [2007/05/15]
第7回 災害発生時における意思決定を支援するICT技術の活用について [2007/05/01]
第6回 首都直下地震時における自治体の災害対応と災害情報システム [2007/04/13]
第5回 情報システムが災害時に活用される条件 [2007/03/23]
第4回 ICTを活用した災害対策のまとめ [2007/02/23]
第3回 災害時に必要な情報と情報システムの適合 [2007/02/20]
第2回 災害時に必要となる情報と情報システムの現状 [2006/12/20]
第1回 ICTのメリットを活用し切れていない基礎自治体の災害対策 [2006/11/01]

長倉 勉(ながくら・つとむ) (第1回~第4回を担当)
富士通総研公共コンサルティング事業部シニアマネジングコンサルタント/ASPIC ジャパン執行役員
富士通総研では、地方自治体における電子自治体・情報化計画策定、基幹系システム等再構築における最適化計画立案、共同利用・アウトソーシング基本計画立案等を担当。ASPICジャパンでは「災害時ICT基盤研究会」のリーダーとして、研究会の取りまとめめを担当。著書に『電子自治体アウトソーシング実践の手引き』(共著)。

田中 健次(たなか・けんじ) (第5回を担当)
電気通信大学大学院情報システム学研究科教授
内閣府・消防庁・気象庁:緊急防災情報に関する調査委員会委員。東京消防庁救急業務懇話会委員。日本医療機能評価機構教育プログラム部会委員。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」アドバイザー。専門は、リスクマネジメント論、災害情報システム論、システム安全学など。

宮本 英治(みやもと・ひではる) (第6回を担当)
カテナ防災システム部 上級コンサルティング
地域安全学会事務局長、NPOリアルタイム地震情報利用協議会理事なども務める。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」メンバー。

小見山 浩一(こみやま・こういち) (第7回を担当)
富士通 パブリックソリューション統括部課長
港湾防災・保安システムの設計担当の後、現在、自治体防災の設計及び構築に従事。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」メンバー。

梁田 智仁(やなだ・ともひと) (第7回を担当)
富士通 パプリックソリューション統括部
国土交通省防災関連システムの設計担当の後、現在、自治体防災の設計及び構築に従事。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」メンバー。

鈴木 啓倫(すずき・ひろみち) (第8回を担当)
TDCソフトウエアエンジニアリング モバイルソリューション部
防災、画像系の自社パッケージ企画開発に従事。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」メンバー。

小田島 労(おだしま・ろう) (第9回を担当)
NTTデータ経営研究所 取締役・パートナー(ソーシャルイノベーション・コンサルティング本部担当)
大手発動機メーカーの研究開発に従事の後、外資系コンサルティング会社に転出。情報戦略を初めとする各種戦略立案プロジェクトに参画。現職では中央府省や大手民間企業からのコンサルティング案件を中心に、BCP策定等のリスクマネジメント、およびディザスターリカバリー等の情報セキュリティーに関わるプロジェクトも数多く担当。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」メンバー。

玉城 直(たまき・すなお) (第10回を担当)
沖縄電力IT推進本部 理事
1978年に沖縄電力入社。電力流通部、東京支社を経験しながら沖縄の生活基盤整備に尽力。2005年に現在の職位に着き、専門である電力技術に加えこれまで培ってきた管理経験を生かして沖電グループIT関係会社の経営・管理にあたっている。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」メンバー。

加藤 久男(かとう・ひさお) (第10回を担当)
プライブ・シェルター 取締役
NTTのCUSTOMやMERCURYで大規模オンラインシステム開発を経て、NTTアド、日本コンピュータ・アーツで多くのネットワーク設計やシステムソリューションを手がけ、2003年よりNTTコミュニケーションズと秘密分散技術で個人情報管理システムのASP事業化を推進。現在は、秘密分散技術を利用した製品開発や普及活動にあたっている。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」メンバー。

大橋 直人(おおはし・なおと) (第11回を担当)
パスコ 東日本事業部事業推進室
自治体の都市計画・総合振興計画等の策定支援を担当の後、GISを活用した自治体経営ソリューションに従事。ASPICジャパン「災害時ICT基盤研究会」メンバー。