郵政民営化、IT部門が乗り越えた5つの試練

 この10月1日,日本郵政グループの持ち株会社と,ゆうちょ銀行をはじめとする4つの事業会社がいよいよ始動した。郵政民営・分社化を実現するまでの4万3000人月に及ぶ超巨大システム開発プロジェクトで,CIO(最高情報責任者)やIT部員600人が乗り越えた5つの試練を徹底解剖する。 (大和田 尚孝、今井 俊之=日経コンピュータ)


<目次>

4万3000人月、時間との闘い  
試練1:勘定系切り替えのチャンスは1度きり  
試練2:2万2000台の郵便局、サーバーを管理できない  
試練3:人事システムが完成しない  
試練4:24万人の操作研修が間に合わない  
試練5:ネットワーク更新が暫定対応と重なる  
民営化「後」を担う5人のCIO  
出典:日経コンピュータ 2007年9月17日号 40ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。