的場 聡弘(まとば あきひろ)

 NTTデータ 基盤システム事業本部。Javaを中心にフレームワーク開発や開発プロセス定義など幅広く活躍中。おちゃらけプログラマ協会メンバ。ぱ~む脱力ゲーム協会認定脱力作家。著書「まるごと Eclipse! Vol.1」(インプレスジャパン発行)。

 Eclipseは,プログラミングのためのIDEという印象が強いですが,データベースと連携するプラグインも多数存在します。ここでは,データ・モデリング,データベース操作,O/Rマッピング支援,JPA利用支援の四つの目的で利用できるプラグインを紹介します。

 なお,今回紹介する四つのプラグインは競合しないので,一つのEclipse環境にすべて導入することも可能です。記事では,同一の環境に導入し,モデリング,スキーマの生成,Entityクラスの生成を順に実行していきます。

 それぞれのプラグインは,対応するデータベースが微妙に異なっています。今回は共通して対応しているHSQLDB1.8.0を使用して説明します。

■Clayデータベースモデリング
──GUIでデータベース設計ができる

 「Clayデータベースモデリング」プラグインでは,GUIでのドラッグ&ドロップ操作で,データベースの設計を行えます。新規に設計するだけでなく,すでに存在するデータベースからモデル図を生成することも可能です。生成されたモデル図はEclipse上で編集できるので,既存のスキーマを変更することもできます。

 無償で配布されているCoreエディション(以下,Clay Core)では,オープンソース系データベースのモデリングが可能です。

◆導入するには

 このプラグインの実行には,GEFプラグインが必要です。連載第5回で紹介したEclipse Europaの“Eclipse IDE for Java Developers”や“Eclipse IDE for JavaEE Developers”にはすでに含まれていますが,まだ導入していなければ,Europa Discovery SiteからGEFプラグインを導入してください。そのうえで,AzzuriのWebページからClayをダウンロードし,連載第1回を参考にインストールしてください。

◆データモデリングを行う

 何か一つプロジェクトを作成した状態で,[ファイル]→[新規]→[その他]から「Database Modeling」→「Azzurri Clay Database Design Diagram」を選択して進めてください。最後に[終了]をクリックすると,Clayのモデルエディタとアウトラインビューが表示されます(図1)。

図1●Clayのモデルエディタとアウトラインビュー
図1●Clayのモデルエディタとアウトラインビュー
[画像のクリックで拡大表示]

 スキーマを新規作成したり,すでに存在するスキーマを編集するには,エディタ上で右クリックして「スキーマの編集」を選択します。また,左のアイコンを使って,テーブルの追加,テーブル間の外部キーの設定が可能です。モデル図に登録されたテーブルは,アウトラインビュー上で確認することもできます。

 モデル図を右クリックして「SQL(Create Table)スクリプト作成」を実行すると,そのモデルを作成するDDL文を含んだファイルを作成できます。これを,後述する「DTP」プラグインなどを用いて実行すれば,データベース上にテーブルを作成できます。

■DTP(Data Tools Platform)
──データベースを容易に操作する

 DTPは,Eclipse上でデータベースを操作するためのプラグインです。SQLの実行や,テーブルの作成,データの挿入/編集/削除がGUIから実行できます。

 DTPは“Eclipse IDE for JavaEE Developers”に含まれています。これ以外のパッケージを使っている場合は,Europa Discovery Siteから導入してください。

◆DTP経由でSQL文を実行する

 まず,データベース・ドライバを設定します。[ウィンドウ]→[設定...]→[接続]→[ドライバー定義]で,Hypersonic DB 1.8のツリー配下に,ドライバ設定を追加します(図2)。

図2●ドライバの設定をする画面(DTP)
図2●ドライバの設定をする画面(DTP)

 次に,そのドライバを利用する接続設定を作成します。「データ・ソース・エクスプローラー」ビューを開いて右クリックして[新規]を選択し,接続したいデータベース,ユーザーID,パスワードを設定してください(図3)。[接続のテスト]をクリックすると,設定した内容でデータベースに接続できるか確認できます。

図3●接続したいデータベース,ユーザーID,パスワードを設定
図3●接続したいデータベース,ユーザーID,パスワードを設定

 ここまで準備できたところで,Clay Coreの説明で作成したDDL文を実行してみましょう。拡張子が「.sql」のファイルを開き,エディタ上部の「接続プロファイル」で先ほど作成した接続とデータベースを選択し,右クリックメニューから[全て実行]を実行します。「SQLの結果」ビューに実行結果が表示されるので,正しく実行できたかどうか確認してください。

 実行に失敗した場合は,SQLエディタで誤りを修正します。実行したい文を選択した状態で「選択したテキストを実行」を実行すると,その部分だけを実行できます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら