米VMware社の「VMware Player 2.0」は,数ある仮想化ソフトの中でも最もインストールが簡単で,普段使っているPCのデスクトップ上で即座に仮想マシンが利用できるのが特徴だ。仮想化ソフト入門に最適といえる。

 VMware Playerは,Linux上,あるいはWindows上で動作する。VMware Player上では,WindowsとLinuxのどちらも動かせる。つまり,LinuxにVMwareをインストールしてその上でWindowsを動かしたり,WindowsにVMwareをインストールしてその上でLinuxを動かしたりできる。

 VMware Playerは,製品版の「VMware Workstation 6.0」と同じ仮想化エンジン(仮想マシンを動作させるための中核プログラム)を使いつつ,仮想マシンの作成機能や設定変更機能などが省略された簡易版だ。そのため,VMware Playerだけでは仮想マシンを作成できず,既存の仮想マシンを入手する必要がある。設定変更機能はないものの,テキスト形式の設定ファイルを手動で書き換えれば,各種設定の変更は可能だ(後述)。

 VMware Serverも,VMware Playerとほぼ同じ仮想化エンジンを使う。最大の特徴は仮想マシンが動作する「サーバー」と,仮想マシンの画面を表示する「クライアント」をネットワーク越しに分離できること。クライアント側PCの性能にあまり左右されずに仮想マシンが使えるわけだ。複数ユーザーが仮想マシンを使う場合にも有効である。さらにVMware Serverでは,仮想マシンを作成できる。

VMware Playerの使い方

 VMware PlayerとOSの関係を図1に示す。VMware PlayerをインストールするOSを「ホストOS」,VMware Player上で動作するOSを「ゲストOS」と呼ぶ。ゲストOSをLinuxにする場合は,通常のLinuxディストリビューションが利用できる。配布されているISOイメージをそのまま用いて(仮想マシン上に)インストール可能だ。インストール後のゲストOSは,VMware向けに作られた専用のイメージ・ファイルとしてホストOS上に作成される。

図1●VMwareとホストOS,ゲストOSの関係
図1●VMwareとホストOS,ゲストOSの関係
物理マシン(実際のPC)上で動作するOSをホストOS,VMware Player上で動作するOSをゲストOSと呼ぶ。本文では,ホストOSにWindows,ゲストOSにLinuxを用いる例を紹介する。

 インターネット上では「ゲストOSのLinuxが導入済みの仮想マシン」がいくつも配布されており,無償でダウンロード可能だ注1。米VMware社もWebブラウジング向けのLinux環境「Browser Appliance Virtual Machine」などを配布している。これをダウンロードすれば,Windows上でもすぐにLinuxが使える。

 ここではホストOSにWindows,ゲストOSにLinuxを使う場合を解説する注2

 VMware Playerは,VMwareの国内向けサイトからダウンロードできる。同時に,「Browser Appliance Virtual Machine」もダウンロードしておこう。ただし日本語を利用するなら,Ubuntu-jaプロジェクトが配布している「VMware用Ubuntu仮想マシン」の方がよいだろう。

 日経Linux2007年10月号(9月8日発売)の付録DVDに,「Ubuntu 7.04 日本語ローカライズ版 VMware用仮想マシン」を収録してあるので,これを使おう。または,Webサイト(http://www.ubuntulinux.jp/download/)からダウンロードできる。

 VMware Playerのインストールは,インストーラのアイコンをクリックするだけだ注3。VMware Playerをインストールし,zip形式で圧縮されているVMware用Ubuntu仮想マシンを適当なフォルダに展開したら,VMware Playerを起動しよう。仮想マシンの設定ファイルを開くためのダイアログが表示されるので,先ほど展開したVMware用Ubuntu仮想マシンの設定ファイル(vmxファイル)を開く。すると,1つのウインドウ内でUbuntuが起動し,そのまま利用できる(写真1)。

写真1●VMware Player上で動作するUbuntu
写真1●VMware Player上で動作するUbuntu

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら