著者:林 信行=ITジャーナリスト

 iPhoneの最大の特徴は,先進的なユーザー・インタフェースと使いやすさだろう。これまでにもタッチパネルを使った機器はあったが,使い心地の点ではiPhoneの足下にも及ばない。機能が充実している割には初めて使う人でも,ほとんど迷うことなく操作ができる。アップルのスティーブ・ジョブズCEOも,「Macでのマウス操作,iPodでのクリックホイールに続く,3度目のインタフェース革命をもたらした」と,iPhoneのユーザー・インタフェースの良さを強調する(写真1)。その自信の現れか,iPhoneにはマニュアル本が付属されていない。操作の概略を解説した大きな紙が1枚入っているだけだ。なぜアップルはこんなユーザー・インタフェースを作れたのか。今回は,アップルのユーザー・インタフェース設計哲学の背景に迫りたい。

写真1●アップルのユーザー・インタフェースの革命   写真1●アップルのユーザー・インタフェースの革命
スティーブ・ジョブズCEOは,「アップルは3度ユーザー・インタフェースの革命をもたらした」と,2007年1月のiPhoneの発表会で語った。

ハードとソフトの絶妙な掛け合い

 アップル製品の最大の特徴といえば,ハードウエアとOSの境界線を感じさせないことだ。例えばiPhoneの操作は,タッチパネルを備えた同様の機器と比べると,指の動きへの追従が滑らかだ。これは,ハードもOSもアップルが作っているからという理由が大きい。ハードの調整だけでできるわけでもなければ,ソフトの調整だけでもできない。スティーブ・ジョブズCEOも,「革命的なユーザー・インタフェースは,ハードとソフトの絶妙な掛け合いで実現している」と強調している(写真2)。

写真2●優れたユーザー・インタフェースはハードとソフトの相互作用   写真2●優れたユーザー・インタフェースはハードとソフトの相互作用
スティーブ・ジョブズCEOは,「iPhoneのユーザー・インタフェースはハードとソフトの絶妙な掛け合いで実現している」と,2007年1月のiPhoneの発表会で語った。

 iPhoneのカメラ機能は写真をフラッシュ・メモリーに書き込むときに,もたつく。しかし,シャッターを押した瞬間に画面に楽しい羽絞りのアニメーションが現れるため,もたつきを感じさせない。iPhone本体の向きを変えると,それに合わせて画面の向きが変わる加速度センサーによる画面回転機能なども,ハードとソフトの見事な融合の一例と言えよう。

 一方,スマートフォンの中には米マイクロソフトの「Windows Mobile」など,他社が用意した汎用OSを使う端末がある。汎用OSは,仕様書に書かれたとおりの機能は提供するだろうが,その使いやすさや使い心地の質までは保証してくれない。製品に採用した後で気に入らなくても,端末メーカーが手を出せるのは自社開発したソフトまでで,OS依存の機能についてはOSメーカーに要望を出すことしかできない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら