設計・実装から運用,メソドロジまで,最新アンチパターンを徹底解説

先輩から教わったことのなかに多くの「やってはいけないこと」(アンチパターン)があるだろう。だが,その理由を問われると,うまく説明できないことがあるのではないだろうか。突き詰めて考えると,状況によっては「やっても構わない」こともあるし,技術の進化に伴い「やれるようになってきた」こともある。そこで設計,実装,テスト,運用,メソドロジの各分野について,取材を通じて浮かび上がった最新アンチパターンを徹底解説する。テーマごとに「どれくらいやってはいけないか」のレベルも表した。レベル3~レベル1の3段階あり,レベルの数字が大きいほど,やってはいけない度合いも大きい。

関連サイト:
プロジェクト・マネージャの「やってはいけない」 ITアーキテクトの「やってはいけない」 Windows7移行の「やってはいけない」

■設計編

■メソドロジ編

■実装編

■テスト編

■運用編

■サーバー運用編

■データベース編

■セキュリティ編

■記録メディア編

■方式設計編

■内部統制編

■オープンソース使ったWeb開発編

■データセンターの熱管理編

■データセンターの電源対策編

■ERP編

■要件定義編

■データセンターの管理・監視対策編

出典:日経SYSTEMS 2006年10月号 55~74ページ
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。