閉じる

情総研レポート

日経コミュニケーション

目次

  • 新たなプラットフォームになるチャットボット

    LINE、フェイスブック、グーグルも参入、人工知能で進化

     チャットボットとはチャット(会話)に自動応答するロボット(機能)のこと。WeChatやLINEといったメッセージングアプリでの導入が先行し、最近では米マイクロソフトや米フェイスブック、米グーグルもチャットボットへの取り組みを本格化させている。人工知能(AI)を活用することで、より自然な対応も可能に…

  • ハイエンドスマホはiPhone一極集中へ

    サムスン電子のGalaxy Note7が全世界で大規模リコール

     スマートフォン出荷台数で世界最大の韓国サムスン電子は2016年10月11日、最新スマホ「Galaxy Note7」の製造と販売を終了することを発表した。同製品は出荷後に発火が相次ぎ、9月2日に米国や韓国など多数の国で250万台以上がリコールされた。世界各国における一連の騒動を紹介し、今後を見通す。

  • ベライゾンが米Yahoo!買収で目指す将来

    動画配信サービスを強化して通信事業と並ぶ柱に

     複数社が名乗りを挙げ、去就が注目されていた米Yahoo!の買収が決着した。48億3000万ドル(約5100億円)を投じた米ベライゾン・コミュニケーションズが同社の中核事業を手に入れた。狙いはモバイル動画配信と広告事業の強化。本業の通信事業が伸び悩む中、新たな収益源として育てたい考えだ。

  • LPWAを全方位展開する韓国SKテレコム

    IoT時代の在り方が問われ始めた通信事業者

     欧州を震源地として、LPWA(Low Power Wide Area)と呼ぶ新たなネットワークが新興プレーヤーによって世界に広がろうとしている。各国の通信事業者が対応を迫られる中、韓国最大の通信事業者であるSKテレコムはいち早く全国展開を完了。IoT時代における通信事業者の在り方を占うものとして注…

  • 車車間通信に通信事業者の出番はあるか ボルボやBMWが取り組むコネクテッドカー技術

     自動車業界のホットな話題であるコネクテッドカーや自動運転車。例えばスウェーデンのボルボやドイツのBMWは4G LTEを利用して、“コネクティビティー”を実現する車車間通信に取り組んでいる。ただし現状では通信事業者の存在感は極めて薄い。今後に向けた課題を探る。

  • 熊本地震への携帯各社の復旧対応を見る 東日本大震災の復興で得た知見や制度が役立つケースも

     この4月に発生した熊本県および大分県を震源とする地震は通信インフラにも甚大な被害をもたらした。携帯電話各社は復旧に向けて様々な対策を打った。ただし被害状況は各社によって差があり、用いた代替手段や発表のスタンスは異なるものとなった。携帯電話各社が受けた被害、およびそこからの復旧についてまとめる。

  • 終了したNOTTV番組「AKB48のあんた、誰?」から、あるべきSVODコンテンツを考える

     日本初のスマホ向け放送サービス「NOTTV」が2016年6月30日正午で、4年3カ月にわたるサービスを終了した。NOTTVの中での一番人気があった「AKB48のあんた、誰?」についてまとめておきたい。SVOD時代のコンテンツがいかにあるべきか参考になるはずだ。

  • 日本のPC市場に参入したファーウェイ、まずはブランド認知から

     ファーウェイはスマホメーカーのノウハウを生かした、スタイリッシュで軽量な2-in-1デバイス「HUAWEI MateBook」を日本で2016年7月15日から販売する。ファーウェイは世界的には有名なスマホメーカーだが、日本での知名度は決して高くない。また日本のPC市場は縮退している。果たしてうまく…

  • 中国スマホ市場の上位から消えたサムスン、インドと中国の2015年スマホ出荷は合計で5億台超へ

    インドのスマートフォン市場は依然として2ケタ成長を続けている。低価格化が進み、ついには「800円スマホ」も登場するなど、価格競争が激しくなっている。一方の中国スマホ市場はメーカー別シェアに異変が見られる。地場メーカーの台頭により、韓国サムスン電子が上位から消えてしまった。両国のスマホ市場を分析する。

  • クラウド事業者が手を染めるCDN──アマゾン、マイクロソフト、IBM、グーグルがこぞって展開

     CDNといえば、米アカマイ・テクノロジーズをはじめ専門の事業者が提供するサービス──その状況が変わりつつある。米アマゾン・ドット・コム、米マイクロソフト、米IBM、米グーグルといった大手クラウド事業者がオプションサービスとしてCDNを提供し始めた。その狙いや通信事業者に与える影響を解説する。

  • 中国電信と中国聯通が戦略的提携 中国2位と3位の通信事業者が手を組む訳

     業界構造が大きく変わりそうな予兆がみられる中国通信市場。2016年1月に、大手通信事業者(キャリア)3社のうちの中国電信と中国聯通が大規模な提携を発表した。現時点では合併の可能性を否定するものの、提携の内容には今後のキャリア間連携モデルを占ううえで注目すべき点が多い。

  • 日本初のスマホ向け放送NOTTV終了、定額制動画配信市場に求められるコンテンツは何か?

     2016年6月30日、NOTTVサービスが終了する。本稿ではNOTTVをめぐる動向と加入者の推移や、NOTTVがうまくいかなかった背景を整理し、今後の定額制動画配信(SVOD:Subscription Video On Demand)時代に求められるコンテンツの在り方について見ていきたい。

  • 破壊と創造を生み出すブロックチェーン

    Bitcoin、FinTechを支える技術として注目集まる

     ブロックチェーン(Blockchain)とは、暗号技術とP2P(ピアツーピア)ネットワーク技術を応用し、データの改ざんを困難にした分散型の記録管理技術のこと。中央集権的な管理主体なしで、情報に信頼性を与えることを可能にする。FinTechなど様々な応用が期待されているブロックチェーンの今後を展望す…

  • 2年目を迎えた韓国の端末補助金規制

    通信費の負担感は低下、低・中価格帯端末へシフト

     総務省の高市早苗大臣の発言でがぜん注目を集めた「端末補助金規制」。韓国で同制度が導入されたのは2014年10月のこと。それから1年、韓国のモバイル市場は確実に変わりつつある。家計に占める通信費の割合や端末価格帯などの変化を紹介する。

  • この1年で2年縛りから脱却した米国

    タスクフォースの「通信料金と端末価格の分離」議論を先取り

     総務省の「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」は一部報道で携帯電話料金の値下げというニュアンスで報じられ、大きな議論を巻き起こした。論点の一つである「通信料金と端末価格の分離」について、この1年で大きく変わった米国市場の最新動向を紹介する。

  • 5Gに積極姿勢を示すベライゾン

    沈黙を守ってきた米国通信事業者が口を開く

     米国最大級のモバイル関連カンファレンス「CTIA Super Mobility 2015」(2015年9月9〜11日、米国ラスベガス)は、5G(第5世代移動通信システム)に関する米国通信事業者の考えが初めて明らかになったカンファレンスとなった。中でもベライゾンはフォーラムの設立やロードマップの発表…

  • 唐突なトップ交代にみる中国キャリア事情

    競合キャリアのトップ同士が入れ替え、2社合併との憶測も

     中国の携帯市場は日本と同様に大手3事業者(キャリア)の寡占状態にある。その3キャリアすべてのトップが交代するという11年ぶりの一大人事がこの8月にあった。しかも競合2社のトップが相互に入れ替わる、仰天ものの異動である。中国モバイル市場の今後を占う。

  • 安心・安全を目指す韓国キャリアのIoT

    LG U+とSKテレコムがスマートホームで競う

    韓国の通信事業者であるLG U+とSKテレコムがそれぞれスマートホームサービスの提供に乗り出した。目指すは家にまつわる不安を解消し、「安心・安全」を担保すること。サムスン電子など大手メーカーも独自にサービスを展開中だ。ただ韓国内ではまだスマートホームの認知率は約5割にとどまる。韓国キャリアの戦略を占…

  • ソフトバンクも本当は撤退したい? 不振から抜け出せない米スプリントの行方

    2012年10月に米国第3位(当時)の通信事業者であるスプリントを買収したソフトバンク。ただ、その後に画策した同第4位(当時)のT-モバイルUSの買収が頓挫したこともあり、業績不振から抜け出せないままでいる。これからソフトバンクはスプリントをどうしたいのか。今後を見通す。

  • 加速するグーグルのスマートホーム戦略

    Nest、Thread GroupからProject Brilloへ

     米グーグルは2015年5月、スマートホーム向け新戦略として、Android OSをベースにしたIoT向けプラットフォーム「Project Brillo」を発表した。これまで同社が展開してきたWorks with NestやThread Groupといった戦略を補完するものであり、米アップルの「Ho…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る