後編(ActionScript3.0編) 
 アドビシステムズのCreativeSuiteファミリーに加わったFlashの新バージョン「Flash CS3」。前バージョンのFlash 8と比較して,どのような機能が追加されたのかを,「インタフェース,グラフィック編」と「ActionScript3.0編」の2回にわけて紹介します。

CreativeSuiteって何?

 Flashの最新バージョンである「Flash CS3」は,その名の通り,CreativeSuiteファミリーの製品です。CreativeSuiteファミリーとは,アドビシステムズが発売している「ビジュアルコンテンツ作成者向けの“Office”」といった一連のアプリケーションのセットです。

 CreativeSuiteファミリーには,「Photoshop」「Illustrator」「Fireworks」といった画像編集アプリケーション,「Dreamweaver」「Contribute」といったWebサイトの作成/管理用アプリケーション,そしてFlashムービーを作成するための「Flash」と,ビジュアルコンテンツを作成する際に便利なアプリケーション群が揃えられています。アプリケーションの組み合わせにより,「Web Standard」「Web Premium」「Design Premium」「Design Standard」等々,いくつかのエディションが用意されています(*1)。また,それぞれのアプリケーションは,単体商品としても販売されています。

 この一連のアプリケーションの列に,今回Flashも加わりました。CreativeSuite ファミリーの3作目の列に加わったので,「Flash 9」ではなくて「Flash CS3」と呼ばれるようになったわけですね。それでは,Flash CS3の内容を見てみましょう。

ムービー制作の効率を上げたい人にとっては「買い」

 まず,ひととおりの新機能を確かめてみての筆者の雑感を先に書いておきます(表1)。

表1:Flash CS3のファースト・インプレッション
項目評価説明
ムービーの仕上がり変化なし新しい表現技法等の追加はありません。
ムービー作成の工程便利になったパネルまわりの配置や操作,フィルタやトゥイーンのコピー&ペースト等,ムービー完成までの各工程の作業が楽になりました。
他のCS3アプリケーションとの連携便利になったPhotoshopやIllustratorのファイルをそのまま読み込めるようになりました。また,任意のレイヤーのみを読み込んだり,レイヤーごとに別のフレームに配置したり,といった処理も選択できるため,デザイナーがパーツごとに描いたイラストを,簡単にコンテンツへと反映できるようになりました。
ActionScript洗練され,高速になった半面,多少の混乱もActionScript3.0が採用され,非常に言語的に整理されたものになりました。また,最新のVM(*2)について最適化されたswfファイルを書き出せるため,特に細かな計算の速度が非常に高速になりました。言語的に整理された半面,今までのActionScript2.0までの「いいかげんさ」が失われたため,新規に覚えるぶんにはわかりやすくなりましたが,今までの延長線上で学習をする方は少々混乱することが予想されます。

 グラフィックの作成,ムービーの作成に関する機能に関しては,特に目新しいものはありません。Flash 8からFlash CS3へとバージョンアップしたからといって,新しいインスピレーションを得られたり,新しい表現技法を発揮できたりすることはないでしょう。最終結果としてのムービーの仕上がりは,全く変わらないものになると思われます。

 ただし,完成に至るまでの作業の工程に関しては,操作に関するインタフェースの細かな改良や,操作方法の幅が広がり,とてもわかりやすく,作業のしやすい環境作りがなされています。そのため,特にムービー制作のスピードと量が求められるようなビジネスの現場では,とても重宝するでしょう。

 また,CS3スイートのアプリケーションになったため,他のCS3アプリケーションとの連携は抜群です。ファイル形式を気にせずに,シームレスに情報をやり取りできます。デザイナーの多くはPhotoshopやIllustratorを使ってイラストや素材を作成されていますが,これをそのまま読み込んでコンテンツとして組み上げることが容易になりました。

 そして,一番大きな変更点はActionScriptです。ActionScript2.0から3.0へとバージョンアップし,言語的に洗練され,整理整頓されています。今まで整合性が取れていなかったイベント関係の処理の記述方法や,MovieClipクラスに集中し過ぎていた各種の処理等が整理整頓され,非常に「きれい」になっています。

 新規に用意されたクラス群も,タイマー処理専用の「Timerクラス」や,アニメーションを行う際に便利な「Animatorクラス」等,便利なものが揃えられました。スクリプトの実行速度の面では,数値型にint(32ビット符号付き整数),uint(32ビットの符号なし整数),Number(IEEE-754 倍精度浮動小数点数,最大53ビット)といった3種類のデータ型が用意されたり,最新のVMに最適化されたswfファイルへのコンパイルが可能になったため,大量の演算を必要とするような処理においては,目的に応じて適切なデータ型を指定することで,大幅な計算処理の速度向上が成されています(*3)。

 その半面,変更点が少々大きいため,ActionScript2.0の記述方法に慣れている方が「乗り換える」には,多少の混乱が予想されます。ただ,基本的なところを覚えてしまえば,断然使いやすいし,管理しやすいでしょう。

 また,今までせっかくActionScript2.0を覚えてきたのに,一から覚え直さないといけないのか,というと,そうでもありません。Flashドキュメントを作成する際に,使用するActionScriptのバージョンを,「1.0~3.0」(*4)から選択できるようになっています。スクリプトは,簡単な画面遷移のナビゲーションくらいにしか使わないのでActionScript1.0の気楽な書き方で十分,という場合でも安心です。

 ざっとまとめてみると,「Flash単体を使ってじっくりムービー作成をするタイプの方には,あまりバージョンアップのメリットは無い。でも,沢山のムービーを作る効率を上げる必要がある人にとっては買い。他のCS3アプリケーションとのやり取りが多い人も買い。スクリプトで高度な処理をやりたい人も買い」と言ったところでしょうか。価格が少々お高くなったので,まずは体験版をダウンロードして試してみてから判断してみてくださいね(アドビの体験版提供サイト)。

他のCS3アプリケーションと統一されたインタフェース

 では,個々の変更点をざっと見てみましょう。Flash CS3を起動してまず目につくのは,そのインタフェースの違いです。他のCS3アプリケーションと色使いやアイコン,パレットの配置方法等が統一されたため,Flash 8までの印象とは少し変わったものになります(図1)。 。

図1:Flash CS3の画面

Flash CS3の画面
番号名称説明
(1)ツールパネル絵やテキストの操作に関する機能がまとめられている基本的なパネルです。
(2)タイムラインムービーの進行管理を行います。
(3)パネルエリア各種のパネルを表示します。パネルエリアの境界をドラッグすることで,エリアの表示幅を変更できます(*5)。
(4)ステージムービーとして表示したい絵や画像,テキスト等を配置します。
(5)プロパティインスペクタタイムラインやステージ等で,現在選択しているものの情報を取得/変更します。

 外観が少し変わったため,作業を行う際の「感覚」が今までと少し変わりました。Flash 8からの移行組の方が最初に戸惑うのは,タイムラインを畳むボタンや,シーンやシンボル,表示倍率を管理していたバーが,タイムラインの上側から下側に移動した点でしょう。

 また,画面左側の[ツールパネル]が縦1列になっている点も少し戸惑うかもしれません。しかし,パネル上部の右向き三角ボタンを押すと,Flash 8までと同様2列へと変更することができます。

 さらに,画面の右側に用意された各種パネルを表示するためのパネルエリア。これは右上の[アイコンに縮小]ボタン(右向き三角ボタン)を押すと,小さなアイコンへと縮小されます。この状態でアイコンをクリックすると,そのパネルのみが通常の大きさで表示されます。

図2:パネルのアイコン化

 パネルエリアに表示するパネルは,自由に追加/削除ができますので,自分の良く使うパネルを用意してアイコン化しておき,使用する際には通常の大きさに戻して使うことができます。筆者のような3歩歩くとパネル表示のショートカットキーを忘れてしまうような鳥頭の人間でも,これならばパネル表示を迷うこともありません。

 また,作業に応じて使用するパネルの組み合わせを変更しながら作成を進めたい場合には,パネルの状態等を「ワークスペース」として登録できます。絵を描く時には[カラーパネル][整列][変形]等のパネルを配置し,スクリプトを書くときには[アクションパネル][ライブラリ][ヘルプ]等のセットを配置したワークスペースに切り替える,なんてことも可能です。

 さらにFlash CS3では,タイムライン下部にワークスペースを切り替えるための[ワークスペース]ボタンが新設されましたので,スピーディーにいろいろなワークスペースを切り替えながら作業を行うことができます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら