今回はsamba 3.0.21で実装されたものの,まだあまり知られていないSambaのイベントログ機能の設定方法について紹介したいと思います。

 まずは最近のSamba関連のニュースです。

OSC2007 Hokkaido

 2007年6月30日に,オープンソースカンファレンス2007 Hokkaidoで,日本Sambaユーザ会の太田俊哉氏が「ちょっと便利なSambaの使い方」と題しSambaの監査機能やWINSの複製ツールなどの紹介を行いました。

 セッションの資料は日本Sambaユーザ会のWikiで公開されていますので,ぜひご覧ください。

http://wiki.samba.gr.jp/

OSC2007 Kansai

 2007年7月20日(金),21日(土)に,オープンソースカンファレンス2007 Kansaiが京都で開催されます。日本Sambaユーザー会では21日(土)に「Sambaの最新動向紹介」と題するセッションを開催する予定です。なお,僭越ながら私が講師を務めさせていただきます。

 お時間がございましたら,下記URLより参加登録を行いご参加ください。

http://www.ospn.jp/osc2007-kansai/

 また,20(金)には日本LDAPユーザー会のセッションとして「LDAP入門,活用事例紹介」もありますので,こちらも合わせてご参加をお待ちしております。

CIFS Engineering Workshop開催のお知らせ

 2007年9月26日~28日にかけてSamba Team主催でCIFS Engineering Workshopが開催されます。このイベントはCIFSプロトコルに関係する開発者同士のSMB2/CIFSプロトコルの実装に関する議論の場として提案されています。このイベントではSamba以外のSMB2/CIFSプロトコルの開発関係者の参加も積極的に促されています。

 開催場所はアメリカのカリフォルニア州にあるGoogleのキャンパスで実施される予定です。興味のある方は,メーリングリストに投稿された下記の内容を参照してみてください。

http://lists.samba.org/archive/samba-technical/2007-June/053871.html

samba 4.0.0TP5リリース

 2007年6月7日にSamba4の5番目のTechnology Previewリリースとして samba 4.0.0 TP5が公開されました。samba 4.0.0 TP5での注目点は次のとおりです。

  • 新しいSWATがローカルのsambaサーバーだけでなく,リモートのsambaサーバーや,Windowsサーバーに対しても動作するように開発が続けられています。

  • MicrosoftのActive Directoryの複製機能であるDRSUAPIの最初の実装が含まれました。これには特別に暗号化されているActive Directoryのパスワードの復号化機能も含まれており,特筆すべき機能です。

  • LDAPバックエンドのプロジェクトがテスト実装の段階から進歩し,簡単にテスト環境を整えることができるようになりました。

  • この数カ月の間に,テスト範囲が非常に広くなり,多くのテストが実施されました。そして,テストツールによるコマンドライン認証と同様に,PKINIT(Public Key Crypthography for Initial Authentication in Kerberos)や多くのkerberosに関連する項目を実施できるようになりました。PKINITについてはRFC4556で定義されていますので,http://www.ietf.org/rfc/rfc4556.txt を参照してください。

  • テストスイートのフレームワークがperlによって書き直され,ドメインコントローラだけでなく,ドメインメンバーの機能もテストできるようになりました。またSamba4用のwinbindの初期実装が組み込まれました。

  • CTDBの機能が大幅に進歩しましたが,この機能はまだSamba4には統合されていません。

  • GPO(Group Policy Object)をサポートするために必要なフレームワークの実装が行われました。ただし,まだMMC(Microsoft Management Console)による設定はサポートされていません。

     このようにSamba4の基本機能の実装が大幅に前進し,Samba4で格納すべき情報について十分に認識できたため,今後のSamba4の開発においてSamba4の情報を格納するLDBフォーマットの形式については,おそらく変更する必要はないだろうとSamba Teamは述べています。

     また執筆時点では,Samba4でMMCからのGPO機能の設定が可能になったというアナウンスも出ています。

     そして,Samba Teamはsamba4.0.0TP6をリリースしてからalpha版をリリースするか,もしくは現在の開発に集中して次のリリースをalpha版にするか議論をしていますが,いずれにしてもこの数カ月以内に,samba 4.0のalpha版をリリースすることを予定しています。

    CTDB Webページの開設

     Samba4に取り込まれる予定のクラスタリングTDBデータベースに関するポータルサイトとして

    http://ctdb.samba.org/

    が開設されました。

     CTDBはクラスタリングファイルシステム上で,複数のノードから同時に操作可能なTDBの実装であり,現時点ではSamba3.0やSamba 4.0での利用が予定されていますが,その実装はSambaに特化しているわけではないため,クラスタリングファイルシステムを利用するアプリケーションであれば,CTDBを利用することが可能です。

     そのためCTDBに関する情報をSambaとは別に提供することになったようです。

    この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

    日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら