『日経パソコン』は、市区町村の情報化進展度を比較する「e都市ランキング 2007」をまとめた。ランキングの首位は、千葉県市川市(45.3万人)。昨年の3位から、2つ順位を上げた。2位は神奈川県藤沢市(39.3万人、2006年は2位)、3位には兵庫県西宮市(45.7万人、同首位)が入った。

 首位の市川市は、Webサイトの豊富な情報・サービス、使いやすいWebサイト、セキュリティ対策の充実などが高得点につながった。住民から寄せられた要望をデータベース化して政策に反映する仕組みの整備や、住民票の写し等を休日でも入手できる自動交付機の導入などにも積極的だ。

 2位の藤沢市は、音声で内容を読み上げる機能を用意するなど、アクセシビリティ(アクセスの容易さ)に配慮したWebサイトを提供しているのが特徴。インターネット経由で手数料の支払いができる電子納付にもいち早く対応している。3位の西宮市は、公共施設や医療施設などを検索できる地図情報システム、防災用の被災者支援システムなどを開発・運用。こうしたシステムの導入を希望するほかの自治体に対する支援も実施している。

 町の首位は、全体で49位の埼玉県小鹿野町(1.5万人、2005年は402位)。村の首位は、全体で249位の秋田県東成瀬村(0.3万人、同492位)だった。


■e都市ランキング2007 総合TOP10
総合順位
自治体名 人口 総合得点 情報・サービス アクセシビリティ 庁内情報化 情報化政策 セキュリティ
1
市川市
(千葉県)
453102
94.2
37.8
8.6
14.5
18.3
15.0
2
藤沢市
(神奈川県)
392929
93.8
37.8
10.0
14.2
16.8
15.0
3
西宮市
(兵庫県)
456951
92.8
36.0
9.6
14.6
17.6
15.0
4
大阪市
(大阪府)
2506456
89.9
34.9
10.0
14.2
16.0
14.8
5
横須賀市
(神奈川県)
431026
89.7
37.3
8.4
14.6
15.0
14.4
5
枚方市
(大阪府)
403799
89.7
33.8
9.6
15.0
17.7
13.6
7
厚木市
(神奈川県)
217581
89.4
36.8
9.6
14.2
14.5
14.3
8
下関市
(山口県)
290364
89.0
35.8
10.0
13.3
16.3
13.6
9
三鷹市
(東京都)
171261
88.4
35.4
9.6
13.3
15.1
15.0
10
荒川区
(東京都)
177846
88.3
35.8
8.0
14.2
15.9
14.4

総合TOP50へ
調査方法はこちら
2006年のe都市ランキングはこちら
2005年のe都市ランキングはこちら
2004年のe都市ランキングはこちら
2003年のe都市ランキングはこちら

 今回のスペシャルレポートでは、『日経パソコン』編集部の協力のもと、アンケート回答を得た全1606市区町村のデータを都道府県別に掲載する。なお、(『日経パソコン』)2007年7月23日号では、ランキングの詳細、先進事例、情報化の課題などを掲載する。




北海道・東北
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県

関東
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県

中部
山梨県
長野県
新潟県
富山県
石川県
福井県
静岡県
愛知県
岐阜県
三重県

近畿
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県

中国・四国
岡山県
広島県
鳥取県
島根県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県

九州・沖縄
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県


自治体情報化年鑑2007表紙自治体情報化年鑑 2007
- 全国市区町村の情報化実態 -

日経パソコンが実施している自治体の情報化進展度調査「e都市ランキング 2007」の調査結果を完全収録しています。1606市区町村の200項目以上の調査データをさまざまな角度から分析。先進自治体の取り組み、国の情報化戦略などを豊富な参考資料とともに解説しています。また、付属のCD-ROMに、1606市区町村の具体的な取り組みの状況を収録しています。

内容の詳細とCD-ROMのサンプル画面を、下記URLの本書のページでご覧いただけます。

価格:36,750円(税込み)。
2007年10月2日までにお申し込みになると31,500円(税込み)の予約特価でご購入いただけます。2007年10月3日発行予定。


<お申し込みは、インターネット、電話で>
日経BP 読者サービスセンター
http://pc.nikkeibp.co.jp/npc/books/
電話:0120-21-0546
(年中無休 6:00~22:00、申込受付専用)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら