はじめまして,ユビオンの久納と申します。本連載では,プログラム言語のJavaを使ってSkypeと連携する便利で実用的なプログラムを作っていきます。Skypeには,Skypeを外部プログラムから操作できる「Skype API」というしくみがあります。このしくみを使えば,Skypeにさまざまな機能を追加したり,Skypeの通信機能を土台として使う独自のアプリケーションを作ることが可能になります。

 今まで「ネットワーク・アプリケーションを一から作るのは大変そう」と尻込みしていた人でも,Skype APIを使うことで面倒な通信機能の実装作業から開放され,気軽にアプリケーションを開発できるようになるのです。こんな便利なしくみが無料で提供されているのですから,使わない手はありません。本連載をきっかけに,多くのみなさんが興味を持ってSkypeの開発コミュニティに参加してくれることを願い,筆をとった次第です。

 本連載では,私がこれまでのSkype4Java(後述)の開発で培ったSkype APIの開発経験を基に,サンプル・プログラムを交えつつJavaを用いた連携プログラム(Skypeエクストラ)の開発ノウハウを紹介していきます。

 第1回となる今回は,iTunesをSkypeと連携させて,iTunesで再生中の楽曲タイトルやジャケット・イメージをプロフィール欄に表示するプログラムを作成します。具体的には次の三つのステップで作業を進めていきます。

(1)事前準備
本連載で使うSkype4Javaについての説明

(2)iTunesツールの作成
Skype4Javaのダウンロードとプロジェクトの作成

(3)コードの作成と実行結果の確認
プログラムを完成させ,実際にSkypeと連携させてみる

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら