IP電話技術で,既存の携帯電話に匹敵する使い勝手を実現すべく,携帯型IP電話機の開発が始まっている。その典型的な実現手法は,無線通信技術には無線LANを,電話相手を呼び出す手順にはSIP(Session Initiation Protocol)を使うというもの。以下では,このタイプの無線SIP端末を「IP携帯電話」と呼ぶことにする。
 IP携帯電話で電話をかけると,まず端末と無線LANのアクセスポイントの間で認証が実行される。それから端末は相手先情報を含むSIPメッセージを作り,それをIPパケットに格納して,IPネットワーク経由でSIPサーバーに送信する。SIPサーバーは呼び出し先となる相手端末に着信があったことをSIPメッセージで伝え,通話する両端末間にセッションを確立する。その後,端末同士が直接RTP(Realtime Transport Protocol)パケットをやり取りすることで音声による通話が始まる。

  • IP携帯電話(上)
  • IP携帯電話(中)
  • IP携帯電話(下)