ジャンル:統合開発環境(IDE) ライセンス:CDDL
作者:NetBeansコミュニティ URL:http://www.netbeans.org/

 NetBeans IDEは,オープンソースのJava用統合開発環境である。企業向けJavaの最新仕様「Java EE 5」に対応する。デスクトップ上で動作する小規模ソフトから,企業で利用する大規模ソフトまでを幅広く開発できる。

 NetBeans IDE(以下,NetBeans)は,米Sun Microsystems社(以下,Sun)などが支援するNetBeansコミュニティで開発されている統合開発環境(IDE)だ。マウス操作でGUIを作成できるビルダー「Matisse」,Webサーバー機能を備えるServlet/JSP(JavaServer Pages)コンテナ「Apache Tomcat」,バージョン管理機能,デバッグ機能など,Javaのアプリケーション開発に必要な機能一式が含まれる。インストールしてすぐにJavaアプリケーションやWebアプリケーションなどの開発を始められるのが大きな特徴である。

 NetBeans自体がJavaで書かれているため,WindowsやSolaris,Mac OS X,Linux*1などJavaの仮想マシン(VM)が動作するさまざまなOS上で利用できる。

 NetBeansは,英語版に加えて,日本語版も提供されている*2。日本語環境は言語パックを追加する形ではなく,インストーラ自体に含まれるため,日本語環境を導入したり,日本語環境に切り替えたりといった操作は不要だ。インストール後から日本語で作業ができる(写真1)。

写真1●NetBeans IDE 5.5日本語版
写真1●NetBeans IDE 5.5日本語版
Fedora Core 5上で動作させた。メニューやボタン,オンライン・ヘルプなどはすべて日本語化されている。  [画像のクリックで拡大表示]

 最新のNetBeansはバージョン5.5である。旧バージョン5.0では,NetBeans用のプラグイン・モジュール開発環境やGUIビルダーなどの新機能が追加されたが,今回のバージョン5.5では待望の企業向けJavaの最新仕様「Java EE 5」のサポートが追加されている。

 具体的には,EJB(Enterprise JavaBeans)コンテナ「EJB 3.0」やWebサービス用のAPI「JAX-WS 2.0」,オブジェクトとリレーショナルのマッピングを不要とするAPI「Java Persistence API」などの最新技術をサポートする。「Sun Java System Application Server PE 9」*3などのJava EE 5準拠のWebアプリケーション・サーバーを統合し,Java EE 5に対応するアプリケーションが開発できるようになっている。

 また,バージョン5.5では,プロジェクトやコードのスケルトン(骨組み)が簡単に作成できるようにウィザードが多数追加されている(表1)。「Java BluePrints」と呼ばれる豊富なサンプル,エディタでのコード補完やヒント機能,コード・テンプレートを簡単に追加できるパレットなどもサポートしている。

表1●サポートしている主なプロジェクト(アプリケーション)とファイル
表1●サポートしている主なプロジェクト(アプリケーション)とファイル
[画像のクリックで拡大表示]

GUIビルダー「Matisse」

 バージョン5.0からであるが,NetBeansには強力なGUIビルダーが用意されている。従来,Javaで凝ったGUIを作成する場合,GridBagLayoutクラスを用いて,GUIのレイアウトを記述するのが一般的だった。ただコードからGUIをイメージすることが困難なため,GUI開発のためのAPI「Swing」を用いてGUIアプリケーションを作成する際の大きな負担になっていた。

 NetBeansのバージョン5.0およびバージョン5.5では「Matisse」と呼ばれるGUI作成用のビルダーが付属し,GUI作成の作業効率が画期的に向上している。Matisseを用いると,マウスを使ってGUI部品を配置するだけで本格的なGUIを備えたアプリケーションを簡単に作成できる(写真2)。

写真2●GUIビルダー「Matisse」
写真2●GUIビルダー「Matisse」
左側のパレットからドラッグ・アンド・ドロップしてGUIのコンポーネントを張り付ける。コンポーネントはガイド・ラインに従って簡単に位置合わせができる。  [画像のクリックで拡大表示]

 Matisseはまた,Swingを用いたGUIアプリケーションの開発に加えて,NetBeansのプラグインやNetBeans上で動作するデスクトップ・アプリケーションの開発にも使用できる。

プラグインで機能拡張

 NetBeansでは,プラグイン・モジュールを追加することにより,容易に機能拡張が行える。実は,Sunが提供している商用の開発ツール群「Sun Java Studio Creator」や「Sun Java Studio Enterprise」,「Sun Studio」などは,NetBeansに複数のプラグインを組み込んで開発した製品だ。これらの製品は順次オープンソース化される予定であり,将来は必要なプラグインを一つにまとめたアドオン・パックとして提供される見込みである。

 表2に,現在提供されているアドオン・パックを示す。デスクトップ・アプリケーション開発のプラットフォームになる「NetBeans Platform」や,アプリケーションをプロファイリングしてボトルネックやメモリー・リークの原因を究明するための「NetBeans Profiler」(写真3),Javaのプログラミング教育向けのソフト「BlueJ」 からのステップアップを支援する「NetBeans BlueJ」などが提供されている。

表2●アドオン・パックの内容
表2●アドオン・パックの内容  [画像のクリックで拡大表示]

写真3●アドオン・パックの一つである「NetBeans Profiler」
写真3●アドオン・パックの一つである「NetBeans Profiler」
アプリケーションの詳細なプロファイリングができる。パフォーマンスの低下やメモリー・リークの問題を解決する有効な手立てとなる。  [画像のクリックで拡大表示]

 アドオン・パックのリリース形態や日本語版の提供時期などの情報は,NetBeans日本語サイト(後述)や「Sun Developer Connection」で確認できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら