「YouTubeの次に来るサービスはこれだ!」。そんな評判を得て,今ネット上で大変盛り上がっているサービスがある。「Twitter」である。このサービスを一言で表現すれば「ミニブログ」あるいは「ミニSNS」。140文字以内の短いテキスト・メッセージを投稿し,仲間と情報共有するというサービスだ。

写真1●Twitterのトップページ
写真1●Twitterのトップページ
「What are you doing?」をキーワードに世界中のユーザがさまざまなメッセージを投稿。Twitterのトップページではそれらを一覧表示している。
[画像のクリックで拡大表示]
 「今何してる?」という質問に答えるかたちで,ユーザーがそれぞれ現在の状況や思いを書き込んでいく。メッセージは友人間のみで公開してもよいし,全世界のユーザーに向けて一般公開することも可能である(写真1)。誰かを「友人」として登録すると,自分の投稿と友人の投稿を同じ画面にリスト表示し,それらは刻々とアップデートされる。

 Twitterの特徴は,Web/携帯電話/IM(インスタント・メッセージ)の連携機能を持っているところだろう。パソコンのWebブラウザーで書き込めば,それが友人の携帯電話やIMにも送信される。携帯電話を使って投稿すれば,それがTwitterのWebページに反映される。IMで書き込んでも同様にWebに掲載される。外出時でも投稿でき,友人の状況もチェックできる。そんな便利さが受けているのか,Twitterのユーザー数は今急増している。

SunのCEO Schwartz氏も高く評価

 海外メディアの報道によれば,Twitterが盛り上がりを見せたのは今年3月半ば。エンターテインメント系メディア・カンファレンス「South by Southwest(SXSW)」がきっかけだったという。Twitterは今年,同カンファレンスのインタラクティブ部門Webアワードでブログ賞を受賞した(SXSWインタラクティブ部門の発表資料)。これをきっかけに話題になり,カンファレンスに参加したテクノロジ系ブロガーたちが一斉に広めたようである。

 TwitterのエンジニアであるBiz Stone氏によれば,3月半ば過ぎのTwitterのユーザー数は10万人だった。しかしその3週間後には2倍に増えており,この勢いは今も止まらないという(マサチューセッツ工科大学Technology Review記事)。確かにAlexaの調べを見ても,Twitterのページビューはこの短期間に急激に伸びていることがわかる。

 Twitterは3月25日付Financial Timesの一面にも取り上げられて話題になった。その後,The New York Post,TIME Magazine,Newsweek,The New York Timesと立て続けに有力メディアに取り上げられるなど,いま最もホットな存在と言えるのかもしれない。Financial Timesの記事では,米Sun Microsystems CEOのJonathan Schwartz氏がTwitterを高く評価していると伝えている。それによれば,同氏は「バイラルな(急速に伝播する力を持つ)ポストYouTube世代のインターネット・アプリケーションの中で,最も新しいヒットがTwitter」と評価した。こうしたアプリケーションは,膨大な数のネット・オーディエンスを瞬く間に魅了する可能性を持っているという。

 また同氏は,Twitterを単なる一過性の流行と決めつけ,その成功を認めようとしない人に向けて次のように警告している。「誰かが16億5000万ドルの価値を付けるまで,YouTubeも冗談のように思われていた」(同氏/Financial Timesの記事

「Blogger」設立者のEvan Williams氏とBiz Stone氏

 実は,Twitterが注目されているのにはもう1つ理由がある。それはTwitterの設立者がEvan Williams氏ということである。同氏はWebの世界でスーパースターと評されており,「Blogger」の運営会社Pyra Labsを立ち上げた人物である。後にPyra Labsを米Googleに売却し,2004年12月に「Odeo」というポッドキャスト・サイト事業を始めた。残念ながらこのOdeoサービスは当初の期待ほどの成功を収めなかったが,そのOdeo社で進めていた社内プロジェクトにTwitterがあった。

 Evan Williams氏はその後,新会社Obviousを設立。この会社が投資家からOdeoとTwitterの全資産を買い取った。Obvious社は今,TwitterをOdeoよりも有望視しており,TwitterをObvious社の中核事業と位置付けているという(telegraph.co.ukの記事)。

 また前述のエンジニアBiz Stone氏(Webサイト)は,Evan Williams氏の長年の協力者。SNSの「Xanga」の開発に加わったほか,Evan Williams氏とともにBloggerを立ち上げた。GoogleへのBlogger売却後2年間はGoogleに籍を置いていたが,Odeo,Twitterの開発にも携わっていた。今はObvious社でTwitterチームを率いている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら