三浦 雅孝 アイ・ピー・ビジョン
CTO
三浦 雅孝

「Spring VON 2007」が3月19~22日に米国サンノゼで開催された。Linuxをはじめ、オープンソースの「Asterisk」の導入に必要なソフトウエア群をパッケージ化した「AsteriskNOW」が紹介され、来場者の注目を集めた。TV電話関連の端末やソフトウエア、サービスが多く出展されていた。「SIP=標準」を感じさせるイベントであった。

 今回は3月19~22日に米国サンノゼで開催された「Spring VON 2007」をレポートする。VONはVoIPに特化したトレード・ショーで、SIP関連の商品やサービスが最も多く展示される(写真1)。200社を超える企業の展示と50以上のコンファレンスがあり、8000人を超す来場者があったと報告されている。筆者は昨年に続いて、2度目の訪問となる。

写真1●「Spring VON 2007」会場(San Jose Convention Center)
写真1●「Spring VON 2007」会場(San Jose Convention Center)

 展示会場では、オープンソースのIP-PBX「Asterisk」関連の製品を出展する米Digiumが大きなブースを構え、TV電話や携帯電話に関連する展示が目に付いた。昨年春のVONではまだH.323ベースのシステムなどが数多く展示されていた。しかし、今年のVONでは、H.323はすっかり姿を消していた。「SIP=世界の標準」の表れであろう。

Linuxまでも組み込んだソフトウエア「AsteriskNOW」に人気

 今回の展示で最大規模のブースを構えていたのが、米Digiumである。DigiumはオープンソースのPBXソフトウエアであるAsteriskを開発、提供していることで有名である。もともとはPSTNゲートウエイなど、電話関連のPC用ボードのメーカーである。そのDigiumが開発したAsteriskが、VoIPの波に乗り、オープンソースIP-PBXのスタンダードとなった感がある。

 同社のブースで、最も人を集めていたのは、「AsteriskNOW」のオープンシアターである。AsteriskNOWは、Asteriskに、インストーラとGUIベースの設定ツール、カスタマイズしたLinuxをセットにしたソフトウエア。そのため、ソフトウエア・アプライエンスと称している。Asteriskの基本設定、ボイス・メールや会議、内線番号計画などをGUIで設定できる。これまではコマンド・ベースで設定する必要があった。

 シアターでは、このAsteriskNowのインストールからGUIによるシステムの設定方法までをかなり詳しく解説していた。30人程のイスが用意されていたが常に満席で、シアター後方の通路に座り込み熱心にメモを取る観客もいる状況であった。会場では、無料のCDを配布していたが、Webサイトからダウンロード可能である。

 このほか、Asteriskに加えて、クイックスタート・ガイドやテクニカル・マニュアル、サポート、アップデートなどをすべてセットしたパッケージ「Asterisk Business Edition」の展示コーナーも人気を集めていた。オープンソースを自らインストールし、設定するにはかなりの技術力が必要であり、このようなサポートまで一体にしたパッケージが注目されるのも納得できる。

コンパクトなTV電話端末を出展

 米8x8は、Packet8というSIPベースのインターネット電話サービスを提供しているインターネット電話サービス・プロバイダ(ITSP)である。アメリカおよびカナダで、固定電話番号をそのまま使えるインターネット電話サービスを提供している。月額24ドル99セントの固定料金でかけ放題のサービスである。また、月額49ドル99セントを支払えば、国際電話もかけ放題になる。

 同社のブースでは新製品であるTV電話端末「Tango(VTA464)」をデモしていた(写真2)。5インチのTFT液晶を搭載し、コンパクトにまとめられている。すべての操作は前面のカーソル・キーでできる。USBポートも実装しており、マウスやキーボードを接続できる。プロトコルはもちろんSIPで、ビデオ・コーデックはH.263とH.264に対応している。ルーター機能を内蔵しており、WAN側コネクタとLAN側コネクタを実装している。ハンドセットが必要な場合は、通常の電話機を背面の電話ポートに接続して利用する。

写真2●Packet8のTV電話機「Tango」
写真2●Packet8のTV電話機「Tango」
右の写真は、ブースで配られていたTangoのパンフレット。

 実際に同社のオフィスと接続して、通話をしてみた。ビデオの帯域を、カーソルで自由に選択でき、256kビット/秒程度の帯域を選択すれば申し分ない画質が得られた。残念なのは、この端末は同社のサービスに加入しないと購入できないことだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら