●名称:Kubuntu 6.10 Desktop CD
●提供元:英Canonical社
●URL:http://www.kubuntu.org/
●対応機種:PC AT互換機

Linuxディストリビューション一覧は,こちらから

 Kubuntuは英Canonical社が支援するLinuxディストリビューションです。「Debian GNU/Linux」をベースに開発されています。Linux入門者が使いやすいように,インストールや各種設定が簡単に行えるのが特徴です。また,Kubuntuはデスクトップ環境としてKDE 3.5.2を利用しています。

 「Kubuntu 6.10 Desktop CD」は,CDからブート可能な1CD Linux(ライブCD)です。起動時にハードウエアとネットワークの自動認識と設定が行われます。起動後はWebページの閲覧などがすぐに行えます。

 付属するインストール・ツールを利用して,パソコンのハード・ディスクにインストールしてそこから起動して使うことも可能です。インストール後は,APTやAdeptを使って利用したいアプリケーションを追加できます。

 また,日経Linux2007年5月号(2007年4月7日発売)の付録DVD-ROMには,Kubuntu 6.10 Desktop CDのISOイメージが収録されています。このISOイメージをCD-Rなどに書き込むことで,1CD Linuxとして利用できます。

インストーラ(CD-ROM)を利用する際の注意点

 インストール時にトラブルを避けるには,事前の準備が欠かせません。インストール作業に取りかかる前に以下の3点を確認してください。

 (1)まずCD-ROMから起動するようにパソコンのBIOSを設定します。BIOSの設定方法についてはパソコンのマニュアルなどに記載されています。

 (2)KubuntuはCDから起動する1CD Linuxです。ハード・ディスクにインストールすることなく,CDからブートして利用できます。また,Kubuntu起動後にデスクトップ上にあるインストール・ツールを実行するとハード・ディスクにKubuntuをインストールできます。インストールする際は,ハード・ディスクのパーティションを書き換えるため,ハード・ディスク内のデータをバックアップしてから実行してください。インストールの方法によってはハード・ディスク内にあるすべてのデータが削除されます。

 Kubuntuのインストールには,ハード・ディスクに2.5Gバイト以上の空き領域が必要です。

 (3)パソコンによってはその機能すべてを利用できない場合があります。例えば,新しいネットワーク・カードや無線LAN機器,テレビ・チューナ機能などです。これらの機器の提供ベンダーがLinux用のデバイス・ドライバを用意している場合がありますので,そちらを個別にインストールして利用してください。

■変更履歴
Canonical社の表記について誤りがございました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2009/05/20]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら