木村 真幸(きむら まさゆき)

 株式会社DTS ネットワーク事業本部 プロジェクトマネージャ。Javaを中心にフレームワーク開発や開発プロセス定義など幅広く活躍中。StrutsIDEコミッタ。著書「まるごとEclipse! Vol.1」(発行:インプレスコミュニケーションズ)。

 フリーの開発ツールEclipseには,便利な機能や特徴がたくさんあります。その中でも,Eclipseの機能を自在に拡張できるプラグイン機能は,Eclipseが多数の開発者に支持されている理由の一つです。

 本連載は,数あるEclipseプラグインの中から,便利で役に立つ=“使える”プラグインを厳選してテーマごとに分類し,読者の方々が迷うことなく目的に合わせたプラグインを選択,利用できるような情報を提供します。

 ここで取り上げるテーマは以下の九つです。

  1. Java開発を便利にする基本プラグイン
  2. Webアプリケーション開発
  3. GUIアプリケーション開発
  4. DB(データベース)アプリケーション開発支援
  5. 単体テスト
  6. パフォーマンス・チューニング
  7. UMLモデリング
  8. 帳票作成支援
  9. Ajax開発支援

 それぞれのテーマについて,オススメするプラグインの機能や使い方を紹介していきます。第1回の今回はオーバービューとして,Eclipseそのものの紹介とプラグインのインストール方法を説明します。

Eclipseとは

 ITpro読者で,EclipseというIDE(統合開発環境:Integrated Development Environment)を知らない人が少数だとは思いますが,少しだけその特徴に触れてみましょう。

 米IBMがオープンソース・コミュニティに寄付したことから発展してきたフリーのIDE「Eclipse」は,ここ数年で驚くほど広く普及しました。基本的にはJavaの開発環境として利用されていることが大半ですが,それ以外の言語でも利用可能です。Eclipseには,大きく二つの特徴があります。

(1)商用製品と同等レベルの開発機能

 コード生成(補完),デバッグ,リファクタリング,ビルド・ツール,CVSなどのリポジトリとの連携,テスト・ツール標準装備──など,一般的な商用開発ツールに全く見劣りしない機能を備えています。

(2)自在に拡張可能なプラグイン・アーキテクチャ

 プラグインと呼ぶソフトウエアをEclipseの環境に付加することで,Eclipseが標準で備えていない新たな機能を容易に加えることが可能です。例えば,通常はJavaの開発環境でるEclipseが,プラグインを導入することで,C/C++,PHP,Perlなどの様々な言語の開発環境となります。また,ソースコードの自動生成や,アプリケーション・サーバーとの連携といった開発支援機能を追加することも可能です。

 また,ネット上に,コミュニティや個人が発信するEclipse関連情報が非常に充実しているので,何か困ったことがあれば,そうした情報を利用することで問題解決を図ることが可能です。海外で開発されたツールであるにもかかわらず,まとまった日本語の情報が存在することがEclipseが普及した要因の一つになっています。

Eclipseはプラグインによって弱点を克服

 前述したように,Eclipseの機能充実の礎となるのがプラグイン・アーキテクチャです。この特徴ゆえ,Eclipesのリリース後から,多数のプラグインが世の中に公開されてきました。

 当然ながら,Eclipseの提供元であるEclipse Foundation(通称Eclipse.org)でも,各プロジェクトごとにプラグインを開発,提供しています。特に,アプリケーション開発のプラットフォームやフレームワークとなる重要なプラグインがいくつかあります。

 Eclipseが世に出た当初は,WebアプリケーションやGUIアプリケーションの開発機能が貧弱で,明らかに他の商用製品と比べて見劣りがありました。しかし,現在ではEclipseプロジェクトが提供するWTP(Web Tools Platform)やVE(Visual Editor)といった優れたプラグインにより,その欠点はほぼなくなりつつあります。

Eclipseのインストール方法

 何はともあれ,まずはEclipseをインストールしましょう。ここでは「Windows XP Professional SP2」の環境を前提とします。なお,Eclipseは本稿執筆時点の最新版であるバージョン3.2.2を使います。

 Eclipseの起動にはJavaの実行環境が必要です。具体的には,JRE(Java Runtime Environment)またはJDK(Java 2 Platform Standard Edition Development Kit)の1.3以上のバージョンが必要です。これらを自分の環境にインストールしていない場合は,米Sun Microsystemsのサイトからダウンロードしてインストールしてください。

 次に,Eclipse.orgのダウンロード・サイトにアクセスしてください。表示されたページで,「Download now: Eclipse SDK 3.2.2」のリンク(図1)をクリックすると,ミラー・サイトの選択画面になります。ここで適当なサイトをクリックすると,Windows版Eclipseのアーカイブ・ファイル(eclipse-SDK-3.2.2-win32.zip)をダウンロードできます。

図1●Eclipseをダウンロードするリンク
図1●Eclipseをダウンロードするリンク
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードした「eclipse-SDK-3.2.2-win32.zip」を展開(解凍)してできたフォルダを,任意の場所に移動すればインストールは完了です。ここでは「C:\eclipse」配下にインストールすることにします。

 インストールしたEclipseはそのままでは英語表示になりますので,日本語化します。http://download.eclipse.org/eclipse/downloads/にアクセスして「Language Pack」のリンクをクリックします(図2)。

図2●Language Packへのリンク
図2●Language Packへのリンク
[画像のクリックで拡大表示]

 図2のリンク先ではEclipseが提供している数々のプロジェクトのLanguage Packが公開されています。この中から,図3のように「NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip」をダウンロードします(Eclipseのバージョン3.2.1から3.2.2への変更は微細であり,Language Pack程度であれば3.2.1対応のものが3.2.2で流用できます。ただし,3.2.2用のものが公開されていれば,そちらを利用してください)。

図3●Eclipse(SDK)の日本語化に対応したLanguage Packのリンク
図3●Eclipse(SDK)の日本語化に対応したLanguage Packのリンク
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードしたzipファイルを展開すると,eclipseフォルダが出現します。その中にある二つのフォルダ(pluginsとfeatures)を,先ほどEclipseをインストールしたフォルダ(C:\ecilpse)に移動(同名のフォルダに上書き)します。以上でEcilpseの日本語化は完了です。

Eclipse各部の名称

 C:\eclipse\eclipse.exeをクリックして,Eclipseを起動してみましょう。図4の画面が表示されます。ワークスペース(作成するプロジェクトを保存するフォルダ)にデフォルトでフォルダ・パスが設定されていますが,このフォルダ階層は深いので「C:\eclipse\workspace」に修正してOKボタンを押下します。

図4●ワークスペース選択画面
図4●ワークスペース選択画面

 「ようこそ」画面(図5)の右にある「ワークベンチ」をクリックすると図6の画面に切り替わります。

図5●初期画面,様々な機能紹介などを見ることがができる
図5●初期画面,様々な機能紹介などを見ることができる
[画像のクリックで拡大表示]

図6●Eclipseを構成する各部位の名称
図6●Eclipseを構成する各部位の名称
[画像のクリックで拡大表示]

 Eclipseでは初期起動時に開くウィンドウのことを「ワークベンチ」と呼びます。ワークベンチの各部分の名称は表1の通りです。Ecilpseのヘルプを読む際や,プラグインの解説での参考にしてください。

表1●各部位の説明
名称説明
ワークベンチEclipse本体のウィンドウ
エディタファイルの編集などに利用する
ビューワークベンチ内の情報をナビゲートするための手段や代替表示をする
メニューバーメインメニューを表示
ツールバー頻繁に利用される操作をアイコン表示

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら